FC2ブログ

アトリエてとてのブログ

「てとて」は手と手をつなぐ場所。築40年のアパートの一室でささやかな作戦、はじめました。  次回のイベントは2018年10月20日・21日。3回目となる「ゆいてとて」でお会いしましょう!

てとてについて

てとて 

は、岩手県盛岡市にある小さなスペースです。
さまざまなワークショップやお話会、各地で選んできた手仕事のものも販売しています。
※2015年5月、この場所でのオープンは終了しました
「てとてができるまで」はこちら→

▼てとてのイベント

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

予告!!

ゆいてとて 2018

2018年 10月20日(土曜)・21日(日曜)

会場/ゆい工房「ゆいの蔵」
滝沢市巣子1162-6


より良いモノ選びを通して
暮らしを考える場づくりを目指す「ゆいてとて」
今年も10月に開催できることになりました。
今年は展示もワークショップも
前庭のマルシェもパワーアップ!!
どうぞご期待ください。

◆問い合せ
てとて 090-4476-3255
Mail tetote_inoue★yahoo.co.jp (★→@にして下さい)
https://www.facebook.com/tetoteiwate

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼


てとて/取り扱い作家さま
★作り手さんの名前をクリックすると、紹介ページに飛びます↓↓↓↓

    うつわ 小久慈焼陶工房里一椋尾立子村山大介陶芸研究所
        山田洋次都澤佐岐
    あみくみ 三島のマタタビ細工勢司恵美(竹)あけび・ぶどう細工
    ぬのおり 盛岡ツイードwoolmioolLE PLAISIR


てとて×小久慈焼
オリジナルスープカップ 販売中

(売価/3000円 税込)
soup5.jpeg
▲糠白釉タイプ(ホワイト)
soup58.jpeg
▲飴釉タイプ(ブラウン)

★通信販売も承っています(売価+送料がかかります)。
メールにてお問い合わせください


☆スープカップ ホワイト/ブラウン 郵送承ります
なおブラウンカップは在庫ゼロにつき予約販売となります
詳細はメールにてお問い合わせください

******************************************************************

申し込み&問い合わせ先
tetote_inoue☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えてお送りください)



★てとて@司荘、
↓こんな楽しい場所でオープンしてました♪
「Road to てとて」


★「チルチンびと広場」にご掲載いただいております。

ランキングに参加いたしました。

ハンドメイドイベント・作品展 ブログランキングへ

2018、森のそば。その3


引き続き、「森のそば。」のこと。
お昼を迎えた「わがや」の中も、どんどん賑やかに。

wagaya89.jpg
その一角にブースを構えた、西洋占星術の三浦夢子さん。
15分ぐらいの予定でしたが、時間をオーバーして
じっくりと占ってくださいました。
出店者さんの中にも、「占いたい!」という方もいましたが
時間切れになってしまいました。また、次の機会ですね!

wagaya90.jpg
今年も出ました!
「森のそば。」限定の「あねっこランチ」。
冷たいお蕎麦にサラダがついた、ヘルシーなセットです。
そして今年もまた、私はその姿を拝まずじまいに…

wagaya91.jpg
午後1時、持ちこたえていた空からザッと雨が。
ライブは急遽、店内で行いました。
天井の高い「わがや」の店内は音響も上々で
外とはまったく違う雰囲気のライブとなりました。
手の空いた母ちゃん達も、音楽を聴いていましたよ。

wagaya92.jpg
そして午後4時。
イベントが無事に終了した記念に、みんなで記念写真。
遠野から来てくれた、On-cafeの礼子さん&ちえさん、
初参加の蜂雀堂さん、
素敵な音楽を届けてくれたモーニングタイズのタカハシさん&ハルカさん
じっくり占いをしてくれた三浦夢子さん、
今年も変わらず美味しい野菜を並べてくれた山口農園の優子さん、
そして「母ちゃんの店 わがや」の美代子さん、美保子さん、タエ子さん
スタッフのみなさん

お疲れさま&ありがとうございました!

いろいろな人の「楽しもう」という思いがあふれていました。
お客さんはもちろん、私たち出店者も同じ思いです。
手と手が触れ合うように、気持ちと気持ちが通じていく、
それは小さなイベントだからこそだと思います。

今年も、「森のそば。」を行うことができて
本当に嬉しかった。

また、この白樺の森でお会いできたらと思います。

************************************************************************

さて、「てとて」の夏の活動は、一旦終了です。
次回みなさまにお目にかかれるのは10月。
こちらも恒例の「ゆいてとて」を行います!
今年は新たなテーマと新たな顔ぶれも加わって
もっともっと暮らしを楽しむ出会いをお届けします!
どうぞおたのみに!!!

2018、森のそば。その2


さて、引き続き「森のそば。」のこと。

wagaya78.jpg
美味しそうなスイーツ…かと思いきや、
こちらはなんと食品サンプルを使ったアクセサリー。
モーニングタイズのボーカルで
アクセサリー作家としても活動するハルカさんの作品です。

wagaya77.jpg
本物そっくりのケーキやアイスクリームなどを
ヘアゴムやピンブローチなどにアレンジ。
子供達がロックオンになっていましたねえ。

wagaya86.jpg
今、大ブーム。
チョコミントアイスのヘアゴム。
(わかりづらくてすみません)

wagaya84.jpg
そんなこんなで、お昼も近づき、
徐々にお客様もいらっしゃり始めました。

wagaya88.jpg
11時からは、第1回目のライブ。
白樺の広場に響き渡る音楽…。
思った以上に素敵な時間となりました!
音楽っていいですね!!(何を今更ですがw)

wagaya87.jpg
雨予報でしたが、午前中は奇跡の青空がのぞいた時間も!
晴れ男?晴れ女さん、いらっしゃいましたねえ…

【続く】


2018、森のそば。その1


先日、福島に行った際、福島駅前の気温計が
37.4℃をさしていて、気が遠くなった北東北人です。
40℃近いお湯が入ったビニール袋を、身体中にぎゅうぎゅうと
押し当てられているような暑さでした。
そのあとに乗った新幹線が、今度は冷えっ冷えで…
おかげさまで、そのあと久々に手強い夏風邪を引きました。

明日から、8月。
カレンダー上での夏の本番は、これから。
まじっすか……。

*******************************************************************

こんな猛暑もまだ遠く、やれ梅雨明けはいつになるんだなどと
言っておりました7月8日。
恒例の「森のそば。」、無事に開催いたしました!
午後からは雨が降る時間もありましたが
今年もたくさんのお客様と楽しい時間を過ごすことができました!

遅くなりましたが、その模様を
写真で振り返って参ります。

wagaya74.jpg
7月8日、朝九時。イベントスタートの1時間前。
奇跡的に雨も止み、準備はスムーズにすみました。

wagaya75.jpg
10時、オープン。
今年の一番乗りはYさんとSさんでした。
いつもありがとうございます!

wagaya76.jpg
入り口の横には、On-cafeさんチームのテントが。
今年初参加の蜂雀堂さんも、一つ屋根の下に。

wagaya79.jpg
On-cafeさんのドリンク&スイーツに、
Bakery maru。ちゃんのパンいろいろ。
パンは、気がついたらすでに売り切れておりました…。

wagaya80.jpg
そば粉入りの食パンも

wagaya82.jpg
すでに定番化しつつある「そばーにゅ」も
きっと誰かの胃袋に…(T_T)

でも!

wagaya81.jpg
On-cafeさん特製のそばクッキーは
甘さ控えめ、大人の味(ワインとかにとても合いそう)

wagaya85.jpg
そばクレープも最後の一個をゲッツ!

wagaya83.jpg
On-cafeさんの美味しいコーヒーもいただきながら
お客様とのお話も楽しみました。

【続く】


森のそば2018、本日です。

第4回 森のそば。
〜かあちゃんの笑顔とおいしいじかん〜

7月8日(日曜)10:00〜16:00
母ちゃんの店 わがや(西和賀町沢内字貝沢3-647-1)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

本日、10時オープンの「森のそば。」
会場は、西和賀町沢内の「母ちゃんの店 わがや」さん。

今回は、初めての方にも体感していただける
盛岡からのアクセスを
(一部写真付きで)ざっとご紹介しますね。

スタートは盛岡インター(前潟)ということにしましょうか。
国道46号をまーーーっすぐ、雫石方面に向かいます。
方向として目指すのは鶯宿温泉。
途中からは御所湖畔を通る県道1号に入ります。
あとはこの、県道1号を進むんです。
県道1号は鶯宿温泉の手前で左折する感じになりますが
そこさえ間違えなければ、大村小学校とか神楽の館とかを右手にみながら
山伏トンネルにたどり着きます。

wagaya32.jpg
これ。山伏トンネル。
このトンネルができる前は、沢内に行くのはクネクネ山道。
ワタクシの小さい頃はそうでした(年がわかるネ)。
インターからここまで、ん〜〜40分くらいかなあ。もちょっとかかるかなあ。

wagaya30.jpg
道すがらはこんな山道ですが
カーブもそんなにきつくないし道幅も広いです。

wagaya29.jpg
トンネル越えたら10分も走らないで貝沢地区にたどり着きます。
途中に産直やアイスクリーム店もありますよ。
そして、右手の建物に「わがや」の看板が見えたら右折。

wagaya31.jpg
沢内銀河高原ホテル(今は休館中)を左手に見ながら、さらに道を進みます。
細くなりますが、こんな看板が出ています。間違いございません。

wagaya4.jpg
2〜3分進むと左手、シラカバなどの林の奥に古民家が見えてきます。
はい、「我が家」到着〜。おつかれさまでした〜。

***********************
盛岡からは、おおむね1時間程度の距離。
そんなに「遠い」というほどの距離ではありませんね(岩手感覚)。
なにより、高速道路を使わなくても行ける場所というのは
運転のストレスがだいぶ軽いのではないでしょうか。

ちなみに沢内、花巻からも直にアクセスできます。
鉛温泉から西へ、豊沢湖のそばを通る県道12号を進みます。
沢内のちょいと先のところで、県道1号と合流するんです。

このルート、ある程度の山道を走ったことがある人なら、大丈夫かと。
ちなみに鉛温泉からは、だいたい1時間ぐらいです。
秋に通ったときは紅葉が本当にきれいで、山道を忘れてしまうくらいでした(笑
でも山道に慣れてない人には、おすすめしません!
同乗者をお願いするか、遠回りですが盛岡ルートでお越し下さい。


では皆さま、
どうぞお気をつけていらしてくださいませ!


 | ホーム |  »

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

Appendix

ateliertetote

ateliertetote

てとて。それは
人と人とを結びつける場。Hands meets Hands.
手から生まれる道具たち。Hands meets Crafts.
そんな人と道具が出会う場所にはきっと、おいしいお茶もある。Hands meets Teas.
築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。

FC2Ad

まとめ