アトリエてとてのブログ

「てとて」は手と手をつなぐ場所。築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。  2月26日(日)は盛岡市で「スウプアソビ」を開催。おいしい時間を過ごしに来て下さい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、11時からです。


きりりと冷えたり、もわっと温かくなったり。
まだ1月なのに三寒四温ですかね。
とりあえず、てとて、1月のオープンです。

*****************************************************

「一月の小さな手仕事市」
1月26日(日)〜1月27日(月)
        11時〜16時
 ※2日間とも

room.jpg

*****************************************************

今回は、ママゴト会(ワークショップ)はありません。
うつわや手仕事の道具を、じっくりとご覧いただけると思います。
温かいお茶、ご用意しております。
お気軽に遊びにいらしてくださいませ。


スポンサーサイト

IBCテレビさん。


本日(1月24日)の夕方の、IBC岩手放送のニュース番組
「IBCニュースエコー」(18:15〜)の中で、
「冷えとり」についての特集がございます。

そして、わがてとての「冷えとり研究所」について
先日、アナウンサーの松原友希さんから取材を受けました〜!


hie9.jpg

てとてのほかにも、カシーさんの冷えとりアイテムなど
さまざまなご紹介をしていただくようですよ。

放送は、本日18時15分からの「IBCニュースエコー」で。
お時間のある方、どうぞご覧くださいませ^^







てとてカタログ12。


てとて、次回のオープンデイは
1月26日(日)・27日(月)の2日間。
「一月の小さな手仕事市」として開きます。

【小山田窯 山田洋次】

滋賀県甲賀市でうつわを作っている山田洋次さんとは、
数年前の「工房からの風」で出会いました。
それからずっと憧れていたスリップウェアのうつわたち。
まさかお取り扱いできるようになるとは…
英国で生まれ、柳宗悦らに美しさを見出されたスリップウェア。
最近の民藝ブームもあって、さまざまなスタイルの
作品を見かけるようになりました。
その中でも山田さんの作品は、素朴でかわいらしく、
そして繊細な雰囲気。あ、あくまで個人的な感想ですよ。
個性的なようで、どんな食べ物を載せても様になるし、
他のうつわとの相性もよいのです。

なお、山田さんも2月6日から3日間の日程で、池袋の「明日館」で開催される
「CCJクラフト見本市」へ出店されるご予定。
また現在(1月28日まで)は、
うつわ好きにはよく知られた川越の「ギャラリーうつわノート」にて
「山田洋次 スリップウェア展〜古典に学ぶ〜」が開催されています。
こちらの作品群、まったく違った雰囲気でびっくり。

yamada9.jpg



てとてカタログ11。


てとて、次回のオープンデイは
1月26日(日)・27日(月)の2日間。
「一月の小さな手仕事市」として開きます。

【Wool Miool】

ママゴト会の講師としてもおなじみ、Wool Mioolさん。
さまざまな原毛を自分で染めあげてフェルト作品を作ります。
はっと驚くようなビビッドな色はもちろん
原毛そのままのようなナチュラルな色合いもあります。
フェルトのコップホルダーは、「こういうのが欲しい!」という
てとてのオーダーにこたえて作ってくれたもの。
温かい飲み物が冷めにくいのはもちろん
冷たい飲み物を入れても机を濡らすことがありません。
最新作は大きな針刺し。
全身毛むくじゃらのカワイイやつです^^

miowool2.jpg


てとてカタログ10。


てとて、次回のオープンデイは
1月26日(日)・27日(月)の2日間。
「一月の小さな手仕事市」として開きます。

【ル・プレジールのエプロン】

品質のよいリネンやコットンを使って
一つひとつ、手づくりされるル・プレジールのエプロン。
作り手自身が「こういうエプロンが欲しい」から
スタートしたブランドで、基本的には受注製作アイテム。
たとえば腰回りに付いているダーツのおかげで
身に付けていてもズレず、体にフィットする感じがあります。
また前垂れのあるエプロンには裏地がついていて
くたびれることもなく本当に丈夫。
毎日毎日使うエプロンだからこそ、きちんとしたつくりの
ものを使った方がいいと思うようになりました。

plasir9.jpg

《オマケ》

前垂れの裏地。他では1枚仕立てのものがほとんどです。
胸元がぱりっとスッキリしてるエプロンって好いね。

plasir10.jpg


てとてカタログ9。


てとて、次回のオープンデイは
1月26日(日)・27日(月)の2日間。
「一月の小さな手仕事市」として開きます。

【盛岡ツイード】

この冬で2シーズン目を迎えた盛岡ツイード。
しっかりとした厚みのある毛織物で、
盛岡を代表するホームスパンのような風合いですが
紡績糸を使っているぶん、手に入れやすい価格。
鍋つかみにも使えるティーマットとコースターがあります。
フック等に吊るせるようついたループが、気の効いたアクセント。
カラーバリエーションも今シーズンはとっても豊富。
中綿入りで縫製もしっかりしてて、洗濯もできるすぐれもの。
キッチンにあると、本当に重宝しますよ。

tweed15.jpg



てとてカタログ8。


てとて、次回のオープンデイは
1月26日(日)・27日(月)の2日間。
「一月の小さな手仕事市」として開きます。

【西和賀の編組】

雪深い西和賀町で、冬の間ひとつひとつ
ていねいに作られるカゴやザル。
担い手のほとんどはおばあちゃんで、材料も自ら
山に分け入ってとってきたアケビやクルミ、ヤマブドウなど。
手間もひまもかかっているのに驚くほど値段が安いのは
控えめなおばあちゃんたちの気持ちを表しています。
自然素材の持つ味わいを体験してみませんか?

nisiwaga8.jpg

てとてカタログ7。


てとて、次回のオープンデイは
1月26日(日)・27日(月)の2日間。
「一月の小さな手仕事市」として開きます。

【勢司恵美】

茨城県でマダケを使った竹細工を作る勢司恵美さん。
竹工芸の本場、大分県で修業をした方です。
自ら竹林に入り材料を調達、ヒゴから編み組みに仕上げるのは
かなりの力技なのだと思います。
カゴやザルなどの大物を作る他、菜箸やバターナイフ、
竹のオーナメントなど、女性らしい小間物も作ってくださいます。
昨年は、千葉で開かれた「工房からの風」にも参加するなど
活躍の場が一気に広がっています。次回の納品はいつだろうか…^^;

seisi2.jpg


てとてカタログ6。


てとて、次回のオープンデイは
1月26日(日)・27日(月)の2日間。
「一月の小さな手仕事市」として開きます。

【福島のマタタビ細工】

福島県の西、三島町は全国的にも有名な編み組みの里。
竹もありますが、ヤマブドウやクルミ、シナなどの
つる性植物を使った編み組みがさかんです。
そのひとつが、このマタタビ細工。
丈夫で軽く、色白の肌は経年変化でいいきつね色に変化します。
いろいろなザルやカゴがありますが、昔から作られているのが
米研ぎザル。がっしがっし使っても、全然へこたれません。
猫好きさん、新品時には猫が寄ってきますのでご注意を(笑

matatabi3.jpg


てとてカタログ5。


てとて、次回のオープンデイは
1月26日(日)・27日(月)の2日間。
「一月の小さな手仕事市」として開きます。

【薬師窯】

遠野市宮守町でうつわを作る「薬師窯」の菊池和好さんと永子さん。
古民家で暮らし、穴窯で焼き締めた野趣溢れる酒器のほか
普段使いできる、素朴だったりユニークな食器も作っています。
先の東日本大震災で穴窯が壊れてしまいましたが、
昨年の11月に3年近くぶりに復活、新窯の作品もできたようす。
てとてにあるのは、以前の穴窯で焼き上げた酒器やうつわです。
飲ん兵衛の菊池さんらしい(笑)酒器は、飲ん兵衛さんに見て欲しい!

yaku8.jpg


てとてカタログ4。


てとて、次回のオープンデイは
1月26日(日)・27日(月)の2日間。
「一月の小さな手仕事市」として開きます。

【やきもの立】

仙台でうつわを作る「やきもの立」こと椋尾立子さん。
すっきりと美しいカタチと、織部釉の色合いに惚れ込みました。
和ものも洋ものも越えた、それでも日々の食卓にとけ込むうつわたち。
女性ならではの細やかな気遣いが現れていると思います。
みつろうを入れたキャンドルホルダーは、
取手部分の木もご自身で集め、削り出していたそうですが、
今後は別の木工作家さんに依頼する予定とのこと。
ゆらぎのある素朴な雰囲気は、今入っているもので(たぶん)最後です。

mukuo14.jpg




てとてカタログ3。


てとて、次回のオープンデイは
1月26日(日)・27日(月)の2日間。
「一月の小さな手仕事市」として開きます。

【村山大介陶芸研究所】

新潟県でうつわを作っている村山さん。
研究所というだけに、色や形へのこだわりはかなりとお見受けしました。
なんといっても釉薬の発色がキレイ。てとてに今あるのは
ルリ釉のマグカップですが、心が軽やかになるような明るさ。
なお「村山大介陶芸研究所」さんは、
2月6日から3日間の日程で、池袋の「明日館」で開催される
「CCJクラフト見本市」へも出店。おめでとうございます〜!

murayama2.jpg



てとてカタログ2。


てとて、次回のオープンデイは
1月26日(日)・27日(月)の2日間。
「一月の小さな手仕事市」として開きます。

【陶工房 里一】

久慈市でうつわを作っている「里一」さんとは、
たしか、久慈の市日で偶然お会いしたのが最初です。
モダンだったり古風だったり、かわいかったり美しかったり。
そんな自由な作風が、とても気に入りました。
自在なものづくりは、きちんと技術があることの証しでもあります。
個人的に好きなのは飴釉の輪花皿。すり鉢も用と美を備えてます。

satoiti9.jpg



てとてカタログ1。


てとて、次回のオープンデイは
1月26日(日)・27日(月)の2日間。
「一月の小さな手仕事市」として開きます。

てとてには、たくさんのモノはありません。
でも一つひとつ、作り手さんとお話しした上で納得して
選んできたものばかりです(だから、数が増やせないという…^^;)
岩手のものはもちろん東北のもの、関東や関西からの道具もあります。

【小久慈焼】

てとてオープン時からお付き合いいただいている小久慈焼。
久慈市に窯のある、東北を代表する民窯のひとつです。
糠白釉と飴釉というふたつの釉薬、そして片口が有名ですが
最近はよりさまざまな色や形にも挑戦しています。
「今の暮らしに合うもの」を求めて、変わっていくかたち。
定番の片口はもちろんですが、
これも小久慈焼?というものも、ございますよ。

koku16.jpg


1月のオープンデイ。


手強い寒さが来ておりますね〜いわて。
今年は新年早々からひっきりなしに雪かきに追われています。
お陰様で足も腰も肩も腕もバリバリ筋肉痛ですが、
雪かきは、やった分だけキレイになる。
成果が目に見えるというのは、それなりに達成感があるものです。
……そう思わないと、やっておれません。

このままだと、
雪かきに追われて1月が終わってしまいそうです。
なので、てとて、オープンいたします。

*****************************************************

「一月の小さな手仕事市」
1月26日(日)〜1月27日(月)
        11時〜16時
 ※2日間とも

*****************************************************

今回は、ママゴト会(ワークショップ)はありません。
うつわや手仕事の道具を、じっくりとご覧いただけると思います。
たいしたおもてなしはできませんが、温かいお茶をご用意して、
みなさまのおこしをお待ちしてます。
おしゃべりっこも大歓迎^^ お気軽にお立ち寄りください。

ママゴト会のようすは頻繁にご紹介してきましたが、
ちょっとサボり気味だった手仕事市のモノモノのご紹介^^;
次回からはのんびりとご紹介して参りますね〜。



2013の思ひ出、11。

七草も過ぎてまだ、昨年の振り返りをして参りましたが
いよいよラスト。2013年12月のことでございます。

12月は、
12月14日(土曜)・15日(日曜)の2日間オープン。
ママゴト会も、ついに20回目となりました。

14日は、1年ぶりとなったおねいもとさんのママゴト会。
「おねいもとさんとつくる
クリスマスのアドベンドカレンダー」
でした。


oneimoto14.jpg
oneimoto22.jpg
oneimoto21.jpg
oneimoto28.jpg
oneimoto13.jpeg

好きな色を塗って写真やイラストを貼付けて、
オリジナルのアドベントカレンダーが仕上がりました。
参加者には、おねいもとさん特製のアドベントカレンダーも
プレゼントされましたよ。
ワークショップに合わせて、ツリーおみくじとガチャポンも登場。
寒波襲来にも関わらず、たくさんの方がいらっしゃいました。

******************************************************
ちなみに12月には、ワタクシの愛聴するIBCラジオさんの
インタビュー取材も受けました〜!

ibcradio.jpg

スタジオの神山アナ、靴下の5枚履きには驚いたようで
「両足で5枚履いてるの?」というようなご質問が。
ちょっと奇数は、履きづらいと思われます(笑
リポーターの村井さん、藤原さん、ありがとうございました!

12月15日(日曜)は
第3回冷えとり研究所が開催されました。


hie9.jpg
hie10.jpg

参加者は増え続け、今回は12名の大所帯。
室内のレイアウトも大幅に変えてみました。
テーマは「食」。でもだいぶ脱線してた気が(笑

******************************************************

ということで、2013年の振り返りはおしまい。
自分で書いてみて、色々なことをやってきたなあと思っています。
こんなに色々出来たのは、てとての一味のサポートのお陰。
展示やワークショップを行って下さる作り手のみなさんのお陰。
そして、何度も何度も足を運んでくださる常連の皆様と
こんな小さな空間を探し訪ねて来てくださるみなさんのお陰です。
本当に本当に、心から感謝しています。

ありがとうございます!

2014年も、「てとて」のドアは開いています。

またみなさんとお会いできるのを
楽しみにしています!


tetote7.jpg


【完全燃焼…イノウエ少し休みます】



2013の思ひ出、10。


11月は23日と24日の2日間オープン。

23日(土)は、盛岡の刺繍作家くどうせつこさんから
ハンガリー伝統の刺繍をほどこしたティーマットを教わる
「カロチャ刺繍でつくるお花モチーフ」でした。


sishu22.jpg
sishu24.jpg
sishu26.jpg
sishu20.jpg

やはり手仕事WSは大人気、お断りをした方もいましたが
それでも会場はキッチキチでした。
誰でも一度は体験したことがある刺繍ですが、
刺繍糸の使い方や刺し方など、発見も多かったのです。
そして、またハマる人が続出(笑
ハンガリーのビーズを使ったアクセサリーの販売もありました!

11月24日はお野菜市

yasaiiti.jpg

山口農園さん、岩本農園さん、和み農園さんが揃いました。
リンゴ、ダイコンにカブ、玄米に白米、
キャベツに豆類に、ネギに青菜も充実しての開催でした。

【次が最後! 11へ続く】
  

2013の思ひ出、9。


10月と11月は、2ヶ月の通しテーマを
「お針子てとて」として、ママゴト会を開きました。

10月26日は、トルコの伝統レース・オヤの
基礎の基礎を教えていただくママゴト会(ワークショップ)。
「トルコの伝統レース『オヤ』入門レッスン」
イスラム教の女性が髪に巻くスカーフのふち飾りでお馴染みのアレです。
講師は、盛岡を拠点に東京や関西でも教室を開く
オヤ作家、dantel mikaさん。


oya19.jpg
oya15.jpg
oya16.jpg
oya10.jpg

編み物というにはあまりに繊細な針と糸を使い、
一目ひと目、刺していくのです。
不器用なワタクシ、見てるだけで気が遠くなりました…。
しかしハマる方が続出。その場では完成しなかったのですが、
後日ほとんどの方が仕上げていたのが驚異でした!
2日間のみ、オヤの販売コーナーも好評でした。

10月27日(日曜)は、お野菜市

yasai4.jpg

お馴染みの岩本農園さんに、8月ぶりの和み農園さんが参加です。
冬野菜の季節、葉ものも甘みをましてそりゃあもう美味。

tamamo1.jpg

10月と11月の共通テーマ「お針子てとて」に合わせて、
楽しいちくちくグッズも入ってきました。
こちらはガラス作家「玉もたり」さんの、待ち針とピンクッション。
贈り物に、自分用にと買い分けて行く人も^^

*****************************************************
念願叶って入った、新しいうつわもありました。
滋賀県でスリップウェアのうつわを作っている、山田洋次さん。

yamada3.jpg
yamada1.jpg

英国で昔から受け継がれてきたスリップウェア。
市井の民陶ながら、日本の民藝運動の中で美しさを見出され、
今では日本にもたくさんの作り手がいます。
山田さんは若手の注目株のおひとり。
東京や関西での展示会が多く、東北では初のご紹介です。

【おお、10まで来たね〜】

2013の思ひ出、8。


第18回ママゴト会は、
「注ぐモノ 注ぐひと」と題して9月20日(金)〜23日(月)の
4日間連続してオープン。展示会とワークショップを
行ったのでした。

その1が「注ぐモノ 展」
旅する古雑貨屋ブリッカブラックさんの協力を得て
ピッチャーやポットなど、ヨーロッパの国々から、
いろいろな時代のいろいろな“注ぐモノ”がてとてに並びました。


sosogu6.jpg
sosogu7.jpg

“注ぐモノ”に合わせた、オススメ品物あれこれも販売いたしました。

citron6.jpg

まずは盛岡の「citron」さんの焼き菓子!
アップルパイ、もうもう絶品でございました〜!

plasir2.jpg

そして、念願叶ってのご登場、
北上市のパン店「ル・プレジール」さん!
天然酵母と南部小麦を使って焼き上げる絶品のパン。
木、金、土しかオープンしていない住宅地の隠れ家的なお店です。
大人のメロンパン3種と、南部小麦のクロワッサン。
やっぱり間違いない!美味しかったです〜〜

9月22日(日曜)には、4月の開催に続く「井戸端てとて」。
前田千香子さんを再び招き
2013年 気仙茶を味わう会 at てとて を開催いたしました。


kesentya5.jpg
kesentya8.jpg
kesentya6.jpg

この年、3年ぶりに製茶が行われた気仙茶。
3年越しの「新茶」の味わいを堪能。
前回に引き続いて参加してくれた方も多かったです。
千香子さんのお話では、気仙茶の取り持つ不思議なご縁話も。
風土と人に、深く結びついた茶の力を実感しました。

【あともう少しだ!9へ続く】



2013の思ひ出、7。


8月は、5日間のオープンでした(頑張ったなあ、しかし…)

8月16日(金曜)、17日(土曜)はオープンデイ
八月の小さな手仕事市でした。


kokujiame1.jpg

「あまちゃん」に出てましたね。こんなカップ^^

8月24日(土曜)・25日(日曜)・26日(月曜)3日間は
パワーアップしたお野菜市

山口農園さんが急遽、出店キャンセルとなりましたが、
新しく、東和町の「和み農園」さんが参加してくださいました!

nagomi1.jpg
nagomi2.jpg

一度食べて、トリコになった和み農園さんの卵。
あっさりしているのに、卵の滋味をしっかり感じられます。
卵かけご飯がもう最高!
また今年も、販売できたらと思っています。

epron1.jpg
plasir4.jpg

8月の後半には、新しいアイテムが入ってきました。
「LE PLAISIR(ル・プレジール)」のエプロンです。
着心地のよさとカバーしたいウェスト周りを
すっぽりと包んでカバーするデザイン。
普段使いだからこそ、丈夫でいいものを選びたいですよね。


【え!まだ続くの? ええ、8です】


2013の思ひ出、6。


7月も、4日間のオープンでした。

7月12日(金曜)・13日(土曜)は「小さな手仕事市」
西和賀町から新しい物が入ってきました。

wagaya1.jpg

初登場のばっけ味噌、なんばん味噌、しいたけ味噌。
味噌から手づくり、Sさんたち「ちゃい夢の会」の愛情が
たっぷりこもっています。最強のご飯のお供!
特にねえ、しいたけ味噌がねえ、もうねえ……ま、食べでみで!

nisiwaga3.jpg

西和賀つながりで入って来た手仕事のもの。
アケビ、ヤマブドウ、クルミの編組バッグやカゴ。
自然素材の持つ魅力は経年変化の美しさ。
いつかは使いこなしてみたい道具です。

neko3.jpg

久々に、福島のマタタビ細工も入って来て
まさに夏らしい「編み組みまつり」となっていました。
マタタビの香りを嗅ぎ付けたのか、
こんな珍客ちゃんもやって参りましたっけ……

7月27日(土)は
季節のママゴト・梅しごと
  ~青梅でおいしい梅味噌づくり~
  でした。


umesigoto01.jpg
umesigoto02.jpg
umesigoto04.jpg
umesigoto05.jpg

まかない部長兼冷えとり研究所長のちえさんによる
青梅を使った簡単梅味噌のデモンストレーション。
ベースには豪華!八木澤味噌を使用。
辺りには味噌の香ばしい香りが溢れていました。。。
試食は山口農園さんのキュウリ。間違いない組み合わせ!

翌日の7月28日(土)は、第2回冷えとり研究所
夏の冷え、NSP!(なんとかすっぺ)
懐かしや〜「あまちゃん」がらみのタイトル(笑


hietori2-1.jpg
P1010007.jpg

夏こそ冷えとりシーズン!という訳で体験談あれこれ。
始めての方も、参考になったでしょうか。
お楽しみのおやつは福猫堂さんの「酒粕カステラ」でした。

【疲れてきたけど、7に続く】




【7に続く】

2013の思ひ出、5。


6月は、15日(土)と16日(日)、
そして28日(金)、29日(土)の合計4日間オープンしました。

前半は2つのママゴト会(ワークショップ)を開催。
6月15日(土)は、
「zakee*さんとつくる 夏至に灯すキャンドル教室」
みつろうで、ランタンキャンドルを作りました。


candle9.jpg
candle3.jpg
candle10.jpg

水風船を使ったランタンキャンドル。
仕上げに、クローバーの葉を貼って灯を灯せば
やさしい灯りが煌めきます。
さらに参加者には、zakee*さんが精製した
みつろう100%のティーキャンドルがプレゼントされました。

このあと間もなく、zakee*さんはご主人の転勤で東京へ…(泣
またいつか、てとてへ遊びに来てね!zakee*さ〜ん!!

16日は、ママゴト会その2。
ふくねこ堂のおやつ日和
〜生地を味わうパンケーキ〜
 を開催いたしました。


pancake1.jpg
pancake9.jpg
pancake4.jpg
pancake6.jpg

甘酒を入れたパンケーキは、ふわふわ、もちもち。
トッピングも色々試して、お腹いっぱいのママゴト会でした。

yasai2.jpg

15・16日はお野菜も並びました。
雫石の山口農園さん、八幡平の岩本農園さんです。
室内はもうモリッモリ!
そして6月第2回目のオープンは28日(金)、29日(土)。
記事もモリッモリなので、こちらの写真は割愛で。。。


**********************************************

気仙茶の茶摘み再開ニュースが届いたのも6月。
放射能検査も無事にクリアし、
6月中旬、実に2年ぶりの気仙茶の茶摘みが始まったのです。
「株式会社フロムいわて」さんが、自社のホームページに
気仙茶の茶摘みの映像をアップしています。
http://www.fromiwate.com/contents.html

今もご覧になれますよ〜。

【6に続く】


2013の思ひ出、4。


年が明けたのに、2013の思い出語りでスミマセン^^;

5月は、24日(金曜)・25日(土曜)の2日間オープン。
「5月の小さな手仕事市」でした。


ちなみに、手仕事市フロアの変化など。

room2.jpg

↑こちらは2013年4月の室内。

room11.jpg

↑こちらが、2013年6月の室内です。
地味ですが、確実に道具が増えております…(笑

今年もまた、新しい手仕事の品をご紹介できればいいなあ。

【5に続く】


2014年、今年もよろしくお願いいたします。


koku13.jpg

謹賀新年

アトリエてとて、3度目のお正月です。
今年も、たくさんの人の手と手が繋がる場所に
なれるように頑張っていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

アトリエてとて 井上宏美

2014年1月1日

 | ホーム | 

Calendar

« | 2014-01 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

Appendix

ateliertetote

ateliertetote

てとて。それは
人と人とを結びつける場。Hands meets Hands.
手から生まれる道具たち。Hands meets Crafts.
そんな人と道具が出会う場所にはきっと、おいしいお茶もある。Hands meets Teas.
築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。