アトリエてとてのブログ

「てとて」は手と手をつなぐ場所。築40年のアパートの一室でささやかな作戦、はじめました。  今年最後の催しは11月23日〜26日の4日間。滝沢市「とちの実」さんでのスウプアソビです!

そしてスープランチの会、1。


今回のオープンデイは、てとてのほか
大人気の「焼き菓子&カフェ シトロン」さんを会場に
特製スープを、てとてオリジナルのスープカップでいただく
スペシャルランチの会を開きました!


soup37.jpeg
25日(日)10時。
北飯岡のシトロンさんのお店はもうランチの準備真っ最中。
オーブンの前には、りんごのクランブル。
…このキャセロールごと食べたいくらい。美味しそ〜〜!

soup38.jpeg
もちろん主役は「スープ」。
鶏ガラと鶏肉と野菜でじっくり出汁を取ったスープベースに
炒めたベーコンと、旬の野菜をたっぷり。
シトロンさんの愛情がいっぱい、詰まっています。

soup43.jpeg
じゃがいも、カリフラワー、たまねぎ、セロリ
岩本農園さんの白ささげなどなど、「白い野菜のスープ」。
具沢山でたっぷりお召し上がりいただくことを考えて
味付けはあっさりシンプルに。
食べ進めごとに野菜の旨味が広がって、幸せ〜〜の味。

soup39.jpeg
スープのお供には、なんて贅沢!
本町の大人気のパン屋さん「サブール」さんのバゲットと
角食パンを使わせていただきました。

盛りつけも、素敵だったんですよ〜〜。


【つづきます】


初めてのイーネ・オヤ

生徒さんの作品発表が先になってしまいましたが
当日のWSの様子もお届けしましょう。

はじめに言っておきますが、今回の生徒さんたち、かなり優秀な方が多くて
講師のmikaさんともどもオドロキを隠せませんでした。マーベラス!!

「えー、アタシ、ぜんぜんできなかったー」と思った方がいらしても、へこむ必要ありませんよ!
それが普通ですから!!


さて、WSで作ったのはこちら。

oya30.jpg

同じ作り方でも使う糸によってこんなにイメージが変わるんですよ、というサンプル。
右上がみなさんに挑戦してもらった太目のレース糸。
下が細いレース糸、左上がトルコのオヤ糸で作ったものです。

今回しつこくご案内しましたように、使うのは縫い針。
まずは「縫い針で編む!?」をドキドキ体験、もくもくと練習です。

oya34.jpg
もくもくもく・・・

「こっちの糸を上に、こっちの糸は下に・・・ん?合ってます?」
合ってます合ってます!!
oya35.jpg

みなさん口で「難しい~~」と言うわりには、上手じゃないですか!!

oya36.jpg

初めてなのにこんなにきれいな三角なんてできませんよ!

oya38.jpeg

先生も言ってましたが、簡単なところから始まってだんだん上達する手芸と違って
いきなり入り口が高度なイーネ・オヤ。
でも、できたときの達成感がまたひとしおなんですよね~。
そのとき、多分脳内で何かが分泌されてるんだと思いますよ~。

参加してくださった方に手芸が好きな方も多かったのですが
ひと目ひと目進んでいく感じが「こぎん刺しに似てる」とおっしゃった人も。
なるほどそうか。
これは北東北に根付いた手仕事スピリッツのなせる業だな!?
妙に納得した私でした。



さあそろそろ我が主宰がスープカップへの愛を叫びたがっております。
うっかりあふれ出た愛情で溺れ死んでしまいそうなので
はやめにバトンタッチすることにしましょう。

我々スタッフも気になっていた、スープカップお披露目会の様子ですよ~。


【 まかないちえ 】

オヤオヤオヤ〜!


なんかもう、1週間なんてあっという間にたちますね。
知ってますかみなさん、
来週から2月ですよ、2月!ひええええええ〜〜

さて。
そんな先週のオープンデイ、
今回もたくさんの方に足をお運び頂きました!
dantel-mikaさんのワークショップも盛況!
くわしいレポートをお送り……する前に、完成作の写真が届いてます!

案の定、なかなか手強かった「イーネ・オヤ」の世界。
最初は基本の編み方(結び方?)をマスターする練習を行ったため
2時間というワークショップの時間内にモチーフを完成させることは
できなかったのです。

そんな「宿題」を仕上げてしまった方が!


oya39kudo.jpeg
こちらは午前の部に参加くださったS子さん。
先月は、イーラーショシュの講師をつとめていただのに、
今月はなんと体験にご参加くださいました!
そして一番最初に作品が完成。本当にものづくりが好きなんですね^^

「レース編みをはかぎ針でやるものだと思っていましたが、
縫い針でのレース編みを体験できて楽しかったです☆
世界の手芸おもしろいです!」


ワークショップでも楽しんでいる様子が伝わってきましたよ。


oya40kawa.jpeg
そして、こちらは午後の部にご参加頂いたKさん。

「テキストをにらみつつ悪戦苦闘し、やっと、なんとか作り方のコツを
つかみました。ハジの始末はわからなかったので、
先生の言われるようにビーズで処理しました。」


そ、そんなアドバイスがあったとは!(聞いてなかっただけw)
そして完成品は完全にオリジナルです…。
りんごケーキもお楽しみ頂けたようでよかったです!


oya41oba.jpeg
そして、こちらは午前の部にご参加、
ものづくりワークショップにいつもご参加くださるOさん。
今回のイーネ・オヤも、とても楽しみにしてらっしゃいました。

「最後の花びらは糸が足りなくなってしまったので、
一枚目と二枚目の花びらの余り糸や練習した糸をほどいでつぎました。
今度はオヤ糸でやってみたいと思います」


自宅での作業、本当に工夫して完成したのがわかります。
次回ご訪問の際は、オヤ糸のモチーフが見られそう…^^

2時間の講習で基本をマスターし、
初作品を完成させてしまったみなさんに脱帽です!
完成作のアレンジも、ぜひお楽しみくださいませー!



1月のオープンデイ、2日目です。


おはようございます。
1月のオープンデイ、2日目も10時からです。

本日、大沢川原の「てとて」には
岩本農園さんと冷え研所長のちえさんペアがおります。
お野菜のこと、冷えとりのこと、食べ物のこと、
いろんなお話が聞けることでしょう^^

soup36.jpeg
もちろんスープカップも販売中ー!!

いっぽう、イノウエはスープランチの会のお手伝いで
北飯岡の「シトロン」さんに出張します〜。

soup22.jpg
スープランチは限定24食。
通常の焼き菓子販売やカフェメニューはございません。
オリジナルスープカップの販売と、
岩本農園さんのほうれんそうが少しですが並びます。

25日はぜひ、
シトロンさんとてとてのハシゴをお楽しみください!





本日10時、オープンです。


おはようございます。
てとて1月のオープンデイ、今日の10時からです。

oya23.jpg
本日はdantel-mikaさんのワークショップ
「トルコの伝統レース イーネ・オヤ
縫い針でつくる小さなモチーフ」
を開催。

yasai24.jpeg
さらに「真冬のお野菜市」には、
八幡平の岩本農園さんがご参加くださいます。
寒さに当たり、いっそう甘みをましたほうれんそうなどの青菜類。
想像しただけで、おいしそう……

もちろん「てとてオリジナルスープカップ」も並んでいますよ。
寒いけど、お部屋をあったかくして
みなさんのおこしをお待ちしております。

room38.jpg



スープランチの会、詳細。


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
第25回ママゴト会
トルコの伝統レース イーネ・オヤ
縫い針でつくる小さなモチーフ


1月24日(土曜) ①10:30〜 ②13:30〜
料金/2500円※お茶とお菓子付き

お陰さまで午後の部は満席となりました!
午前の部、あとお一人ぐらいなら参加OKですよー!


申し込み・問い合せ/
tetote_inoue☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてお送りください)

********************************

いよいよ明日から、てとてのオープンデイ。
さらに25日(日曜)はてとてのオープンほか、
スープカップのお披露目会を、市内飯岡の「シトロン」さんで開きます!

「パンとスープの限定ランチ in Citron」

1月25日(日曜) 11:00〜 ※なくなり次第終了
料金/1000円(スープ、パンor玄米ごはん、りんごのクラフティ)
会場/カフェ・焼き菓子 シトロン(盛岡市北飯岡2丁目10-48)

soup24.jpg
白い格子窓が目印。
カフェ・焼き菓子のシトロンさん。

soup28.jpg

美味しい焼き菓子が大人気の「シトロン」さんが
今回のお披露目会のために、特別に作ってくれたスープを
実際のスープカップに注いで食べていただきます。
(写真↑は試作の時のイメージカットです)

soup26.jpg
開催にあたりスープの試食も行っていただきました。
スープはどんなのがいい?パンの量はどのくらい?
とまあ、食べているだけだったのですが…

テーマは「白いカップに白いスープ」!
自家製チキンスープをベースに
岩本農園さんの白ささげなどの旬のお野菜をじっくり
煮込んでトロトロになった豆のスープ。
角切りベーコンのコクも加わって、心に沁みる美味しさです。

soup25.jpg
パンやご飯にスープをつけてぱくぱく。
お行儀が悪いけど、これが一番美味しい食べ方!

スープは1種類ですが
「パン」と「玄米ごはん」からお好きな方をお選びいただきます。
さらにシトロンさんからのサービスとして
「りんごのクラフティ」がおやつにつきます!!


今回のスープランチの会は、事前予約は必要ありません。
が、混雑する可能性もございますので
お早めのご来店をおすすめいたします。

(どーーーしても食べたい!という方は、ご相談くださいませ^_^)

なお当日は、シトロンさんにてスープカップの販売も行います。
イノウエもカフェスタッフ(笑)として働いておりますので
お気軽にお声がけくださいませ^^





りんごたっぷり♪


 今年最初のワークショップのおやつは、
 りんごをいっぱい入れて焼き込んだ、バターケーキです。
 主役は、コレ。




 りんご(ふじ)をカラメル焼きして、
 シナモンをきかせた、冬らしい焼き菓子です。

 DSC00086.jpg

 お菓子づくりをしている人ならご存知の、
 クグロフ型で焼いてみました。
 こうすると、地味なお菓子でもちょっとオサレに^^

 りんごの甘みだけでなく、砂糖を焦がしたカラメルのビターな風味も
 加わって、大人なお菓子になっていると思います。
 ぜひお楽しみに!


 【おかしや福猫堂】


 

スープカッパーへの道、2。


▼▼▼参加者募集中!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
第25回ママゴト会
トルコの伝統レース イーネ・オヤ
縫い針でつくる小さなモチーフ


1月24日(土曜) ①10:30〜 ②13:30〜
料金/2500円※お茶とお菓子付き

申し込み・問い合せ/
tetote_inoue☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてお送りください)

********************************

小久慈焼さんへは
・容量の多きなスープカップにしたい
・片手ハンドル
・カラーは小久慈焼らしいホワイトで

というようなことをお願いしました。
そして秋ぐらいから、試作がスタートしました。

soup13.jpg
ベースの形は、小久慈焼の定番でもある飯椀に近いかたち。
飯椀は高台がついていますが、
「高台が付くと和風に見えてしまう」というアドバイスをもらい
本体と一体化。初期形はでも、高台らしさが残ってます。


soup14.jpg
本体の形はこれでいこうとなりましたが、
私が引っかかったのがハンドルの形。
容量(350ml)を片手で支えるにはちょい華奢なような…
指が何本入れられると安定して支えられるか、
ハンドルの位置はどうするか(重ねられるようにしたい)など
もんもんもんもん悩みました。

soup15.jpg
容量そのものも、試行しました。
ふたつのカップ、手前は400ml入りで奥が350ml入り。
わずか50mlの違いでも、見た目はこんな違う。
大きくなれば、見た目の「重さ感」も増すんですよね。

tougei6.jpg
ハンドルの位置も大事です。
カップの上部につけることで、簡単なスタッキングが
可能になりました。
ちなみに↑この写真、小久慈焼の陶芸教室のDMに使用したものです。
ここでのハンドル談義から、あのワークショップは生まれました!


【あー出かける時間! まだ続きます〜】



スープカッパーへの道、1。


▼▼▼参加者募集中!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
第25回ママゴト会
トルコの伝統レース イーネ・オヤ
縫い針でつくる小さなモチーフ


1月24日(土曜) ①10:30〜 ②13:30〜
料金/2500円※お茶とお菓子付き

申し込み・問い合せ/
tetote_inoue☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてお送りください)

********************************

つくってます。たべてます。スープランチ。


soup35.jpeg
今日のスープ。
玄米、こまつな、さつまいも、金時豆
…もうスープというよりおじや化しつつありますが(汗




なぜ、私がこんなに具沢山スープにこだわるのか。



soup5.jpeg

そして、ついにオリジナルカップまで作っちゃったのか。


きっかけのひとつが、こちらのテレビドラマでした。
http://www.wowow.co.jp/dramaw/pantosoup/index.html

「パンとスープとネコ日和」

メニューはパンとスープだけという
小さなお店を開いた女性(小林聡美さん)と取り巻く人々の日常。
原作は群ようこさん、フードコーディネーターは飯島奈美さんという
「かもめ食堂」ファンにはテッパンのドラマです。

パンとスープというのはいわば一汁一菜で
これ以上ないくらいシンプルなメニュー構成なわけですが、
いい素材だけを使って、ていねいに作ったスープというのはもう
それだけでごちそうなわけです。
なにより、作り手の思いもたっぷりこもっているのです。

そういう食卓の風景に憧れて、
ポンと思いついたのがスープカップだったのです。
というわけで崇高な思いも決心も、なーんもなかったのですが
共感してくれる人は思いのほかいてくださいました。

そんな思いの後押しを受けて、
てとて初のオリジナルグッズはスープカップで行くことになりました。
もちろんそこには、作り手である「小久慈焼」さんの
強力なアドバイスとサポートがあって出来たことでした。

つづく。









スープ三段活用。


▼▼▼参加者募集中!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
第25回ママゴト会
トルコの伝統レース イーネ・オヤ
縫い針でつくる小さなモチーフ


1月24日(土曜) ①10:30〜 ②13:30〜
料金/2500円※お茶とお菓子付き

申し込み・問い合せ/
tetote_inoue☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてお送りください)

********************************

いよいよ来週末に迫ってきた1月のオープンデイ。
今回は、ワークショップありランチスープの会ありと
こんなに寒いのに盛りだくさんな内容です。

なにより私自身がこんがらかってしまいそうなので、
ちょいと整理してみますね^^;

1月24日(土曜)…ワークショップと手仕事市の日 
  ①ワークショップ「イーネ・オヤ」 会場:てとて
  ②真冬の小さな手仕事市  会場:てとて
  ③真冬のお野菜市(岩本農園さん) 会場:てとて

1月25日(日曜)…スープランチの会と手仕事市の日
  ④スープランチの会&カップお披露目会 会場:シトロン
  ⑤真冬の小さな手仕事市  会場:てとて
  ⑥真冬のお野菜市(岩本農園さん) 会場:てとて&シトロン

ということで25日のみ、
会場が「シトロン」さんと「てとて」の2カ所に分散
します。

オリジナルスープカップの販売、お野菜の販売はてとて。
スープランチをいただけるのはシトロンさんと覚えてもらうといいかな。
なお25日は、シトロンさんでもスープカップと少しだけお野菜も販売します。

*****

写真がないと色気がないので。
日々、スープカップの使い勝手を確かめて(楽しんで?)ます。
ということで私の記スープランチを写真で記録中。

soup32.jpeg
○月×日 かぼちゃ、こまつな、しいたけ、はるさめ


soup33.jpeg
○月×日 かぼちゃ、れんこん、玄米


soup34.jpeg
○月×日 かぼちゃ、こまつな、白菜、玄米、チーズ

冷蔵庫にあるものでつくっているのがよーくわかるでしょう。
少しずつ材料が変わりつつ、でもベースがかわらない(笑
コンソメで煮込むだけなので本当に簡単なんですが
スープカップ1杯でほんとーーにお腹、いっぱいになりますし
体がポカポカ温まってちょいと汗ばむくらいです。

寒い季節だからこそぜひ、
具沢山スープランチを楽しんで欲しいなー!!





究極の手仕事、オヤの世界。


▼▼▼参加者募集中!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
第25回ママゴト会
トルコの伝統レース イーネ・オヤ
縫い針でつくる小さなモチーフ


1月24日(土曜) ①10:30〜 ②13:30〜
料金/2500円※お茶とお菓子付き

申し込み・問い合せ/
tetote_inoue☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてお送りください)

********************************

寒さも小休止?なこのごろです。
なにより助かるのは道路状況がとてもよいこと。
冬の遠出も本当に楽をさせてもらっています。
どうかこのまま春になるように〜〜。なんて、な…(遠い目)

さて、現在参加者募集中の「オヤ」ワークショップ。
「盛岡でオヤが体験できるとは思っていませんでした」など
うれしいお言葉もいただいています。

そうなんです!
今回のワークショップは本当に貴重な企画。
講師のdantel mikaさんは盛岡在住ですが、今や仙台や東京、
そして大阪でも教室を開いていて、盛岡にいる時間はほんのわずか。
教室の合間を縫うようにして個人レッスンを続けていらっしゃいます。


そんな、ツチノコに遭遇するぐらい珍しい(たとえ古)
個人レッスンに同行してみました。

oya25.jpeg
とあるカフェでスタートしたレッスン。
生徒はてとて一味のちえさん。すでに中級クラスの腕前。


oya24.jpeg
レッスンもちょうど「イーネ・オヤ」。
mikaさんの持ってきたサンプルにうっとり。


oya27.jpeg
あらかじめ書き記した編み図ではなく
その場で生徒さんのレベルに合わせて教えてくれるのが
mikaさん。編み方をくわしく図解しています。
ちなみにイノウエ、この時点ですでにわかりません。。。


oya26.jpeg
さあ、制作スタートです。
縫い針に糸を通し、くるりくるりと輪を通して
きっちりと結んでいきます。手前を通すか、減らし目は……
あまりに繊細な作業に呆然と見守るだけのワタクシ。
写真のピントも手元ではなくジュースに合っているという……


なんなんだ!この繊細な手仕事は!!
イノウエ、心の中で叫んでおりました。


oya28.jpeg
結んで通してを繰り返して完成したのがコチラ。
4枚のはなびらがmikaさんのサンプル。
きっちりと結び目を作って作りあげたモチーフは
素材が柔らかいナイロン糸とは思えないほど硬い手触り。

**********************************

複雑で難しく見えるのですが、根本にある「技」は非常にシンプル。
それが、トルコの「オヤ」の不思議なところだなあ
というのが私の実感。
「大らか」で「おおざっぱ」な面も残しつつ
作品としての完成度も追求できるストイックさを内包している。

世界は広いし、手仕事の世界も広い。
今回のワークショップではきっと
ものづくりの面白さ、奥深さを体験することができると思います。
みなさんのご参加、お待ちしております〜^^




そしてスープ

そろそろ主宰のパスを受けなくちゃ。

はい、まかないスープ。

P1000198.jpg

大根とセロリをオリーブオイルで炒めて昆布だしを注ぎ、押し麦も加えてボリュームアップ。
朝はこれだけでお腹いっぱいになるスープです。
紫大根をつかったらスープが紫になっちゃった。でも似合う。

ラーメンから発想したのがこちら

P1000202.jpg

鶏ともやしの味噌バターコーンスープ。
このとき麺は入れていませんが、少なめならラーメンもいけるサイズ。
お夜食なんかにもよろしいのではないでしょうか。

お気づきでしょうかこのカップ。
商品になったものにくらべて持ち手が細いんです。そしてちょっと深い。

見た目はかわいらしいけど、スープの入ったカップを持ち上げるとやや手が痛い。
深すぎるとスプーンですくいにくい。

そんな意見も取り入れて改良に改良を重ねて仕上げていただきました。
なんて贅沢!!

だからといってこれはやりすぎ・・・?

DSCF1008.jpg


余談ですが
スープカップをお買い上げいただきオサレな画像を送ってくださったTさまとSさま。
実は私の同級生なのであります。
当日別々にあらわれて、同じものを買って行ったおふたり。
しばらく会っていないはずなのに、やっぱり類友なのね!!
でも・・・フードコーディネーターよりオサレなものを作らないように!!

【まかない ちえ】


オヤのおはなし

▼▼▼参加者募集中!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
第25回ママゴト会
トルコの伝統レース イーネ・オヤ
縫い針でつくる小さなモチーフ


1月24日(土曜) ①10:30〜 ②13:30〜
料金/2500円※お茶とお菓子付き

申し込み・問い合せ/
tetote_inoue☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてお送りください)

********************************

さて、オヤについてもう少し。

オヤとはトルコ特有のレース編み。
普段目にするいわゆる「レース」とはちょっと違って
お花や葉っぱなどをメインにしたモチーフを編み物で表現したものです。
イスラムの女性たちが髪の毛を覆うためにかぶるスカーフのふち飾りとして発展してきました。
その細かさたるや・・・

oya3.jpg

こんな感じです。

中でも縫い針で作る「イーネ・オヤ」はこんな風。

oya2.jpg

んまーー!かいらし!!
盛岡では光原社さんでアクセサリーなど見ることができますよ(貴重です)。

ほんもののオヤはほんとーーにほんとーーに細かい!!
細かければ細かいほど繊細でかわいいのも確かですが
いきなりそれをWSでやってもらおう!というのも酷な話。

ということで今回講師のdantel-mikaさんが(しつこいようですが日本の方です)
初心者にもチャレンジしやすい形でアレンジしてくださいました。

通常オヤに使うのはシルクやナイロン、ポリエステルの細い糸ですが
今回使うのはレース糸。
コットンの糸なので、つるつるすべったりこんがらかったりしにくい仕様。
また、適度な太さがあるので「目」が見やすい。

モチーフはmikaさんオリジナルの形ですが
ヨーロッパ風ともアジア風とも一味違う仕上がりになりました。
そんなところにもトルコっぽさを感じていただけると思いますよ~~。

当日はmikaさんに本物のオヤも持ってきていただきます。
めったにお目にかかれないシロモノですし(わたくし毎回目がハートになっております)
一度やり方を覚えてから本物を見直すと
「おおお!!!」と感慨もひとしおですよ~~。

せひ見にいらしてくださいね~。


【まかない ちえ】

1月のワークショップ

ブログ上でまさかのノールックパスを受けたわたくしですが(汗
スープもいいけどワークショップのご案内もせねば!!

1月のワークショップは
トルコの伝統レース イーネ・オヤ に挑戦します。

oya23.jpg

こちらののモチーフ、直径は5~6センチほどのかわいらしいものです。
真ん中の色が付いている部分は講師のdantel-mikaさん(日本人ですよー)が作って来てくれます。
(ここの美しさを見るだけでちょっと編み物かじった人はホレボレするわけです)
そしてみなさんには周りの花びらの部分を作っていただきます。

今回、糸は40番レース糸(いちばん細いのより少し太めです)
針は縫い針を使って編んでゆくのですよ。

縫い針を使ってレースを編む???

そう、それこそが「イーネ・オヤ」なんです。

今回の「イーネ・オヤ」は縫い針を使って、いままでの編み物とはまったく違う作り方をします。
編むというより「結ぶ」と表現したほうが近いかもしれません。
針に通した糸を結んで、隣にまた結んで、結んで・・・
その間に渡った糸の上にまた結んで、結んで・・・
とやっていくとこのような形になるのです!
とにかくその作り方がおもしろい!

普通の編み物と違って編み方(結び方)はたった一つ。
基本の結び方を覚えればどんどん進むだけです。
「こま編み」「長編み」ってなに?とか「表目」「裏目」ってどれ?
ということがないので、むしろ作業は簡単かと。
慣れないうちは「ん?ん?」となるかもしれませんが、覚えてしまえばテレビを見ながらだってできます。

真ん中の部分は先生が作ったものを使いますが
編み図をお渡ししますので、かぎ針ができる方はお家でイチからつくることができます。
ハンカチやポーチに縫い付けてワンポイントにしてみたり
慣れてきたらたくさんつなげて大きな作品にすることもできますよ~~。

一年の幕開けにかわいい手芸で女子力UPしてみませんか?
(使い方合ってるのかなあ?イマイチ「女子力」がよくわからなーい)


【まかない ちえ】




美味しい?スープコレクション。


▼▼▼参加者募集中!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
第25回ママゴト会
トルコの伝統レース イーネ・オヤ
縫い針でつくる小さなモチーフ


1月24日(土曜) ①10:30〜 ②13:30〜
料金/2500円※お茶とお菓子付き

申し込み・問い合せ/
tetote_inoue☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてお送りください)

********************************

ヒトサマにお任せしてるばっかりじゃありませんよ。
不肖イノウエ、料理は好きなんです。
腕がないだけで………orz

soup29.jpeg
試作1号でやったのがコレ。
ク●ールのコーンスープを入れてみたという…。
なんと!2杯分も入りました(そして飲み干したという)

soup30.jpeg
シイタケやハクサイなど、家にあるストック野菜を
コンソメで煮ただけのスープ。
それだけでもう、充分美味しいんですワタクシには。

soup31.jpeg
お野菜とソーセージを煮て、仕上げに牛乳を。
白いうつわに白いスープ、意外性を狙ってみました。

手の込んだものはいっさいありませんが、
煮合わせるだけでなんでこんなに旨くなるんだろう。
という料理だと思います、スープって。

そろそろ、まかない担当のちえさんのスープが出るかもしれません。
そちらに、ご期待くださいませ。





美味しいスープコレクション2。


▼▼▼参加者募集中!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
第25回ママゴト会
トルコの伝統レース イーネ・オヤ
縫い針でつくる小さなモチーフ


1月24日(土曜) ①10:30〜 ②13:30〜
料金/2500円※お茶とお菓子付き

申し込み・問い合せ/
tetote_inoue☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてお送りください)

********************************

あ〜〜〜お腹、空いてきた〜〜〜。
の、スープコレクション。
まずはお客様から届いた写真をば。

soup8tida.jpg
な、な、なに?このお洒落なテーブルは!
と、思わず叫んでしまったのがTさんからの写真。
具沢山の白いスープに、バゲットとスパークリングワインです。

soup9.jpg
こちらは北上市のSさんから。
うれしいコメントも届きました。

写真は、厳密にはシチュウですが(笑)
どこかぽってりした佇まいのカップには
同じくぽってりこっくりした質感のスープが似合う気がします
(季節柄かもしれませんが…)
スープ以外はパンやごはんで十分なほどの量が入るので、お腹も充たされます♪

カップの質感と佇まいには癒されます
寒くて気忙しくて心が荒みがちですが
暖かいスープで救われますよ
カップに中身が入ってないときは、何か作ろうかなという気持ちになりますしね


TさんとSさん、ありがとうございますー!
これからの季節、
ますます食卓で活躍させてくださいませ!


美味しいスープコレクション。


▼▼▼参加者募集中!▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
第25回ママゴト会
トルコの伝統レース イーネ・オヤ
縫い針でつくる小さなモチーフ


1月24日(土曜) ①10:30〜 ②13:30〜
料金/2500円※お茶とお菓子付き

申し込み・問い合せ/
tetote_inoue☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてお送りください)

********************************

さて、スープカップです。

構想8年は大ウソですが、
昨年の夏ぐらいから、小久慈焼さんに足を運びつつ
イメージを伝え、話し合いを重ねていました。

その間に、試作品も作っていただきました。
試作ですから世に出ることはないのが普通ですが
その段階でのベストの形なのですから、お蔵入りは勿体ない。
…ということで持ち帰り、いくつか友人に預けまして
使い勝手を聞いたりしていたのです。

意見は形作りにフィードバックしたのですけど
送ってもらったスープの写真がとても美味しそうで(笑
これもまた、お蔵入りにはしたくないなーと…^_^

先月デビューして、すでにお買い上げいただいたお客様からも
「使ってますー!」写真が届いています。

題して、
「みんな、
こんな美味しいスープを飲んでいるんだ!」

コレクション。
お腹が減っている時には見ない方がいいですよー。ぷぷぷ。

soup10.jpg
これは試作品を使っていただいたKさんからの写真。
オニオンスープに、チーズを乗せて焼いたパンをトッピング。
オーブン直火はちょっと無理なので、後のせしたそうです。

soup12.jpeg
冬瓜を入れたスープ。ベースはコンソメなのかな。
体にじんわり沁みそう〜〜〜。

soup11.jpeg
おおおお!なんとひっつみ汁をスープカップで。
具沢山でほんとうに美味しそう…じゅるる。


続いては、お買い上げいただいたお客様からの
スープ写真をお届けします〜。









DMお届け、始まってます。


いよいよ2015年、指導…じゃない、始動です。

DMもできました。
今回はA5の2つ折りというイレギュラーサイズ。

mama2015124omote.jpeg
▲クリックで別ウィンドウ開きます

便宜上、こちらを「A面」と呼びますが、
1月と2月のママゴト会(ワークショップ)と手仕事市のお知らせです。
1月は、オヤ作家dantel-mikaさんのワークショップ第2弾。
そして2月も、革工芸作家テシゴト工房さんのワークショップ第2弾。
どちらも前回より、ランクアップしたテクニックに挑戦できます!

そして「B面」がコチラ↓。

mama2015124naka.jpeg
▲クリックで別ウィンドウ開きます

デビューした、小久慈焼オリジナルスープカップのご紹介と、
今回、初めて開催される「お披露目会」のお知らせ。

てとてを飛び出して向かう先は
昨年6月にオープンした焼き菓子のお店「citron」さん。
併設されている
居心地のよいカフェを会場に、
citronさん特製のスープと
パンのランチ会を開催いたしますー!


焼き菓子のお店citronさんでのスープの提供はもちろん初。
パンか玄米ごはんかを選んでいただいて、
オリジナルスープカップで温かいスープを提供します。
スープはもちろん、パンや玄米ごはんにもこだわりました。

***************************************

ちなみに、
1月のママゴト会のお申し込み、すでに始まっております。
今回も手仕事・針仕事好きのみなさんのご参加をお待ちしております♪






お年賀2015。


新年、
あけましておめでとうございます。


って、3が日もええ加減過ぎてからのご挨拶です。
悔いても改められないスロースターターっぷり、
どうぞお赦しください。

今年のてとて、どうなるでしょう。
きっと、いろいろなことがあると思います。
それでも、みなさまに楽しんでもらえるような「場」づくりを、
私たちも楽しみながら創りあげていきたいと思います。

room38.jpg

『やみくもにネットワークを広げていくのではなく
ひとつひとつの出逢いをたいせつにしたい』


__2011年のオープンから掲げてきた思いを大事に
これからの「てとて」、どうぞよろしくお願いします。

2015.1.4 てとて 井上宏美

追伸…カップのこと、1月2月のDMのことはこのあと書いていきますっ!
   (仕事始めとドン被りっす…自業自得T_T)


 | ホーム | 

Calendar

« | 2015-01 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

Appendix

ateliertetote

ateliertetote

てとて。それは
人と人とを結びつける場。Hands meets Hands.
手から生まれる道具たち。Hands meets Crafts.
そんな人と道具が出会う場所にはきっと、おいしいお茶もある。Hands meets Teas.
築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。

FC2Ad

まとめ