アトリエてとてのブログ

「てとて」は手と手をつなぐ場所。築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。  2月26日(日)は盛岡市で「スウプアソビ」を開催。おいしい時間を過ごしに来て下さい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は井戸端てとて

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
百年の蔵、手仕事のじかん
 ゆいてとて
   ~木の道具 木のコトバ~

10月22日(土曜)・23日(日曜)
10:00~16:00

会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

まだお席ございます^^

ママゴト会「杉皮の小物入れ」
10月23日(日曜)11:00~12:30

井戸端てとて「森の恵みを活かす」
10月23日(日曜)13:30~15:00
スピーカー:外久保蔦雄さん、佐藤徳香さん

 

 明日は、「井戸端てとて」の開催です。
 森の達人・外久保さんのお話、はやく聞いてみたいですね〜。
 井戸端てとてにご参加の方には、お茶とお菓子を提供いたします。
 今回、福猫堂が提供させていただくのは、
 とってもプチな、柚子風味のマドレーヌ
 
DSC00326_convert_20161022110949.jpg

 23日は、おいしいものがいろいろと出回るマルシェもありますので、
 井戸端のお菓子は、ひと口大でシンプルに…
 小さいけど、柚子の香りがほんのり、しっとりした口あたりです。
 
 どんなお話が聞けるか、楽しみですね〜♪
 当日の飛び入りも大歓迎!
 ぜひお越しくださいませ。

▶▶お申し込みは…
メールは tetote_inoue★yahoo.co.jp(★→@)へ。
送信の際には携帯電話の番号も合わせてお知らせを

電話は 090-4476-3255(井上)まで
スポンサーサイト

森の恵みを活かすこと。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
百年の蔵、手仕事のじかん
 ゆいてとて
   ~木の道具 木のコトバ~

10月22日(土曜)・23日(日曜)
10:00~16:00


会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

まだお席ございます^^

ママゴト会「杉皮の小物入れ」
10月23日(日曜)11:00~12:30

井戸端てとて「森の恵みを活かす」
10月23日(日曜)13:30~15:00
スピーカー:外久保蔦雄さん、佐藤徳香さん



さてさて、「ゆいてとて」の準備が進んでいます(?)。
今回は、マルシェやワークショップやらもりだくさんな内容。
てとても、新しい手仕事の品などご用意しています。
ぜひぜひ、お越しくださいね。

お買い物も楽しいけれど、
今回のテーマ「木の道具 木のコトバ」
実際に森に入り、道具を作り続ける外久保蔦雄さんから
森のことや木のことについて聞くことができる機会。
ものづくりだけじゃない、
私たちが暮らす場所について考える機会にも繋がると思います。

yuitetote10.jpg
森の資源はどんな風に使われているんだろ?

yuitetote9.jpeg
森の資源を残さず使う技って?

yuitetote8.jpeg
とにかく、あらゆるものを作品に変えてしまう
森の達人、蔦雄さん。

yuitetote5.jpeg
ヘンゼルとグレーテルに出てきそう。
森の小さなテーブル。

yuitetote7.jpeg
そんな達人の手。おっきい。

私たちのすぐ隣にありながら、
なかなか知ることの出来ない、林業と山の関わり。
捨てるほうが簡単な枝や木を使ってものづくりを
するということは、
ある意味、大きな勇気が必要だとも思うのです。

蔦雄さんは、朗らかに色々なことを教えてくださいます。
しかも今回は、シナ布の佐藤さんと一緒。
この夏の山の思い出で、盛り上がることでしょう!
そんな「森の井戸端」に、
ぜひご参加くださいませ!
参加者には、おお久しぶり!福猫堂さんのお菓子付!

当日の飛び入りも大歓迎!
ぜひお越しくださいませ。

▶▶お申し込みは…
メールは tetote_inoue★yahoo.co.jp(★→@)へ。
送信の際には携帯電話の番号も合わせてお知らせを

電話は 090-4476-3255(井上)です。


ゆいカフェランチは秋味!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
百年の蔵、手仕事のじかん
 ゆいてとて
   ~木の道具 木のコトバ~

10月22日(土曜)・23日(日曜)
10:00~16:00


会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

井戸端てとて「森の恵みを活かす」
ただいま、参加者を募集中です!
10月23日(日曜)13:30~15:00



さてさて、出張マルシェでもおいしいものがてんこもりですが…
ゆいの蔵の1階「ゆいカフェ」さんでも、
22日と23日の2日間、特別なランチ
がございます!

お汁粉がおいしいゆいカフェさん。
ですが今回は、開催時期にぴったりなランチを
ご用意いただきます。

秋の実りといえば…栗とか?きのことか?
そうそう新米も忘れちゃならないよね〜〜〜〜

と、いうことで。
そんな秋の実りを味わっていただきます!

yuitetote44.jpg
ひとつは、栗ごはん!
ゆいカフェのYさんはおこわづくりの達人。
旨味をとじこめた、おいしい炊き込みご飯が登場です。

そして、もうひとつ…やったー!
今年デビューのお米「銀河のしずく」!
スタッフゆかりの田んぼから、
刈りたてほやほや(?)の新米が届きます!
一足先に食べたゆい工房のIさんいわく
「冷めても驚くほどモチモチしてておにぎりにピッタリ」
とのこと…ぐふ、ぐふふふ。

ということで、ゆいカフェランチは
贅沢にも2種のごはんをおにぎりにして提供。
もちろん、おいしい汁物もついてます。

ランチは予約制ではありませんが
両日とも限定30食ほどを予定しているので、
どうしても食べたいという方は
あらかじめご連絡をいただいた方がよいかも…

食欲の秋、
おいしい旬を味わってください!




ゆいてとてマルシェ!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
百年の蔵、手仕事のじかん
 ゆいてとて
   ~木の道具 木のコトバ~

10月22日(土曜)・23日(日曜)
10:00~16:00


会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

こちらも、よろしくです^^

井戸端てとて「森の恵みを活かす」
ただいま、参加者を募集中です!
10月23日(日曜)13:30~15:00



 さて、「ゆいてとて」まであと4日となりました。
 開催は10月22日(土)・23(日)の2日間。みなさま、ぜひ遊びに来てください!
 天気予報によれば、22・23日ともに天気はまずまず、
 ただ朝の冷え込みがキビシそう…もう10月も終わりに近づいて、冬の気配も感じられる時期になりました。
 そんな秋の空気の中、会場である「ゆい工房 ゆいの蔵」の庭で行われるのは、
 「ゆいてとてマルシェ」。
 出店されるみなさんのおさらいをしておきましょー!


 22日・23日両日出店するのは、「山口農園」さんと「岩本農園」さん。

 山口農園さんといえば、我々がもっとも楽しみにしているのが、
 皮ごと安心して食べられるりんごちゃんたち。
 つやつやの美味しそうなお顔がたくさん見られるかな?
yasai16.jpeg
 そのほかにも、無農薬無化学肥料でだいじに育てた野菜も届くはず。
 そうそう、熱心なファンも多いお米もお目見えするのを期待しましょう。


 そして、葉ものといえば!の岩本農園さん

yasai21.jpg
 なんといっても、こちらのほうれん草は一度食べたら目からウロコのおいしさ。
 茹でておいても水っぽくならず、和え物でも炒め物でもおいしく食べられます。
 ほかにも、グリーンスムージーに使う人も多いと言う小松菜、
 サラダには欠かせないルッコラやからし菜などなど、とにかくバリエーション豊かな緑を堪能あれ!
 

 23日はもっとにぎやかに!
 「珈琲・うつわ わたなべ」さん。
 よ市でもおなじみの、オリジナル「てとてブレンド」は、軽やかで飲みやすいと好評です。
 自家焙煎の豆もいろいろ持ってきてくれるはず(ですよね〜〜?)。
 coffee20.jpg
 おうちでも香り高い珈琲を楽しんでみませんか。


 食べる人を、やさしい気持ちにさせてくれるお菓子の「シトロン」さん
 citron9.jpeg

 店主のせつこさんの笑顔に癒される、という方も多いと思います。そしてパワフルな仕事ぶりにも感服!
 どのケーキも、生地のきめ細かさと口どけの良さにオドロキ!ひと口食べればうっとり・とろけるよう〜〜〜♡
 今回は何が登場するか、ものすごく楽しみです!

 北上から出店してくれるのは、天然酵母パンの「ル・プレジール」さん
 てとて伝説の行列を作った、大人気の焼きたてパンがやってきます!
 岩塩をちょこっとのせた香ばしいクレッセント、ファンも多いですよね〜〜。
 plasir23.jpg

 種類豊富なメロンパンも、期待しちゃいます。
 こちらも、どんなラインナップになるのか、来てのお楽しみですよ!

 
 22日・23日は、ぜひ「ゆいてとて」に!


 

22日は鳥越の竹細工、実演♪

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
百年の蔵、手仕事のじかん
 ゆいてとて
   ~木の道具 木のコトバ~

10月22日(土曜)・23日(日曜)
10:00~16:00


会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

さて、10月22日にいらっしゃるもう一人の作り手さん。
一戸を代表する手技、鳥越の竹細工を手がける
「竹のめぐみ」柴田恵さんです〜〜〜〜〜!

東北地方を代表する編組、鳥越の竹細工。
その担い手として県内はもとより県外でも活躍中の恵さん。
つい先日も、東京のギャラリーでの展示を終えたばかりです。
(その後は国体で奔走していたらしい…^_^;)

yuitetote32.jpeg
見よ!この美しい編み目を。
まるで布の織物のように緻密でしなやか。
この風合いは、編みの技はもちろんですけど
むしろスズ竹一本一本の特性を確かめながらヒゴを作る
その技術の確かさから来るのではないかな。

yuitetote39.jpeg
工房にはこんなのがいっぱいで、もうクラクラしちゃったヨ…

名人であったお母様の技を間近に見てきた恵さん。
自分の作品づくりはもちろん、
竹細工の作り手として「この人はすごい!」と思う
技を持った方々と一緒に「竹のめぐみ」として
地域の竹細工文化を内外に発信しています。

マダケと違ってしなやかで柔らかいスズ竹。
竹自体も、笹みたいにほっそーーいんですよ〜。
それを割って、厚みをそいでヒゴを削りだしていく。
でも恵さんのものづくりのイメージは
「柔らかそうに見えてしっかりしたもの」だそうで…

だから文箱もほら、

yuitetote34.jpeg
ぐいっと押してもしなって

yuitetote35.jpeg
すぐに元の形状に。

yuitetote33.jpeg
もちろん、作るものによってヒゴの幅や厚みを
変えるのも作り手の技。
ツボケになると、きっちり硬めに仕上げます。
右のは、一般的な背負うタイプのツボケですけど
左のものは手で持ち運べるように取って付き。
恵さんが、現代に合わせてデザインを工夫しました。

yuitetote37.jpeg
日々の暮らしで使えつつも
きちんと美しい道具、それが恵さんの作る竹細工と思います。
こちらは県知事賞をいただいたという手提げ。
いや〜〜〜〜美しいです…

個展がおわったばかりの時期ではありますが
「ゆいてとて」用に販売できる作品もご持参いただけそう♪
数は限られているので、早い者勝ちになりそうです…。
とにかく「竹細工が見たい!」という方のため、
参考商品も持ってきてくださるようお願いしています。

yuitetote31.jpeg
そして今回は、編み組みのデモンストレーションも
行っていただけることになりました!
10月22日は会場の一画で、恵さんが作品づくりしてますよ!

とってもとってもファンの多い恵さんの竹細工。
とりあえず県内で作品&ご本人に遭遇できるチャンスは
年内いっぱいは、この「ゆいてとて」だけかと…

この機会に是非、岩手の竹細工に出会いにきてください!

こちらも、よろしくです^^

井戸端てとて「森の恵みを活かす」
ただいま、参加者を募集中です!
10月23日(日曜)13:30~15:00




▶▶お申し込みは…
メールは tetote_inoue★yahoo.co.jp(★→@)へ。
送信の際には携帯電話の番号も合わせてお知らせを

電話は 090-4476-3255(井上)です。





22日は作り手さん、来ます。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
百年の蔵、手仕事のじかん
 ゆいてとて
   ~木の道具 木のコトバ~

10月22日(土曜)・23日(日曜)
10:00~16:00


会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

マルシェの方もにぎやかになりそうですが、
「ゆいの蔵」の展示も、楽しみになってきました。
初日の10月22日には、
お二人の作り手さんが在廊してくださいます。

お一人目は、漆器の作り手
漆工房朱楽(あけら)の佐々木暢子さん。
秋田県鹿角市からいらしてくださいます。

大学時代から漆をはじめて、
安代町の漆器工房に長らくいらっしゃった佐々木さん。
その後は滝沢市柳沢に工房を構え、
現在は郷里の鹿角市にて活動をしています。

yuitetote43.jpeg
朱楽さんの漆器は、とにかく塗りが美しい。
私は基本的ド素人なので
刷毛目がないとか塗膜の厚みがという技術的な善し悪しは
さっぱりわからないんですが、手にした時に
すっと掌(たなごころ)に収まるような、
そんな心地よさがあるのです。…余計分かんないですかねw

でも逆に言えば、ド素人が触って「気持ちいい」と
思うということは、塗りの技が優れているともいえるかも。
流行や奇をてらった感じはなく、塗りの美しさを堪能しながら
漆器ってやっぱりいいなあと思わせる。

スタンダードなものづくりを見せる一方で
佐々木さんの器は、フォルムにちょっとした「遊び」
あるのもツボ。取り皿のゆらぎのようなカーブとか
羽反り椀の口辺の微妙な反り具合とか。
この辺は、もう手仕事馬鹿のひとりごとですが…^^;
でも、木地師に形を依頼するのは塗師な訳で
佐々木さん自身が、真面目に遊び心にあふれているのだと思う。

yuitetote40.jpeg
基本は朱と溜ですが、
夏の展示会では色漆の作品も出ていました。
ベージュの色調にちりばめた葉模様、かわいい♡
ケーキなどの取り皿にいい感じ。

yuitetote41.jpeg
いつか欲しいと思っている拭き漆の弁当箱。
どのサイズにするか、悩んでおるのです……。

yuitetote42.jpeg
カトラリーもいろいろ手がけています。
スプーンを使っているのですが、いいですよ。

真面目な塗りに遊び心あるフォルム。
それはそのまま、佐々木さんのキャラクターにも
通じるような気もしています。
漆工房朱楽さんが来るのは、10月22日(土)。
ぜひ、いろいろな漆のお話を伺ってみてくださいませ。

参考までに…
拙ブログ(休眠中)「いわてぐらし。」で10年前、
柳沢にあった朱楽さんの工房訪問記を書いておりました。
場所は変わっても、ものづくりの根っこは変わんない。
お暇な時に呼んでみてください。

「いわてぐらし。」

次のエントリでは、
22日に来てくださるもう一人の作り手さんをご紹介。
作品待ちが1年もザラな、アノ方ですよ〜〜。

麦わらの指輪づくり ぜひおいで下さい!


来週末、10月22日(土)、23日(日)は「ゆいてとて」開催!
会場は滝沢市巣子にある「ゆい工房 ゆいの蔵」です。
築100年を超える蔵を移築した会場は、
1階は喫茶室、2階はゆったりとした和風のたたずまい。
なんとも心がなごむ空間です。

今回は、2日間にわたり、ふたつのママゴト会が行われます。
まず、22日・23日の2日間に渡り開催するのは、
「下天广地歩さんとつくる 麦わらの指輪」です。

yuitetote4.jpeg



か、かわいい〜〜〜♡

これつけてると、ゼッタイ「どこで買ったの?」って
聞かれますよね〜。
自分の指に合わせてつくれるのもイイ。

今回も、岩手で育った麦わらを使い、
自分だけのステキな指輪づくりが体験できますよ。
もちろん、初心者でもOK!
会場で直接、申し込みができる、気軽なワークショップなので、
その気になったらぜひトライしてくださいね。
○料金/1個500円
○開催時間/11時〜15時



ところで、下天广地歩さんといえば、昨年、ママゴト会で披露していただいた、
風にゆれるヒンメリが印象的でした。
参加された方も、みなさんステキなヒンメリを作られてましたね。
下天广地歩さんのヒンメリは、今回も展示される予定です。
お楽しみに!

hanamaki14.jpg

hanamaki3.jpeg
ヒンメリとは、フィンランドにおよそ850年も前から伝わる
伝統的装飾品。麦わら(ストロー)に糸を通して結び、
多面体(6面体とか8面体とか)を作り、
それを繋ぎあわせて、室内などに吊るされます。


ゆいてとてマルシェ!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
百年の蔵、手仕事のじかん
 ゆいてとて
   ~木の道具 木のコトバ~

10月22日(土曜)・23日(日曜)
10:00~16:00


会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

大型コンバインが公道を結構なスピードで横断していく季節です。
スーパーでは「銀河のしずく」が飛ぶように売れているとか…
ふふ、ふふふふふふ。
「銀河のしずく」ね。ふふふふふ。
美味しいですよね。食べたいですか。食べたいですよね。
「ゆいてとて」で食べられます。たぶん。
こちらの詳細はまたのちほど。

*************************

まずは「出店屋台」について。
こちらも、楽しいメンバーが参加してくださいます。

コーヒーの提供は、
おなじみ「珈琲 うつわ わたなべ」さん。

coffee20.jpg
おなじみ「てとてブレンド」ほか「えんじゅ」など
秋に飲みたい、どっしりと深い珈琲をお楽しみください。
出店:10月23日(日)のみ

パンはなんと、北上の「ル・プレジール」さん!
司荘での販売会ではパン待ちが出た、あのパンがきます。
plasir22.jpeg
plasir23.jpg
今回は、店主の小岩さんが直接販売にいらっしゃいますので
焼きたて命のクレッシェンド(LOVE♡)とか来るかも????
あと、お店で大人気のベーグルなども期待です。
出店:10月23日(日)のみ

お菓子は、みんな大好き「シトロン」さん。
前日にカフェでのイベントを行って、翌日は「ゆいてとて」へ…
ああ、ありがたや〜うれしや〜〜

citron9.jpeg
minori:citron1
季節を感じる焼き菓子は楽しみのひとつ。
この季節は…やっぱりアップルパイでしょうか!
どんなお菓子が来るか、楽しみです。
出店:10月23日(日)のみ

そして…秋の実りのお野菜たち!
今回は2日間通してお野菜販売を行います!

まずは、わーい!お久しぶりの「岩本農園」さん!
青菜青菜青菜青菜おらおらおら〜〜〜〜!(壊れた)

yasai.jpeg
yasai24.jpeg

なんだか今年は葉物野菜がまだ品薄なのに
岩本農園さんでは、もう結構出てきているみたい…
ほうれんそう、小松菜、ルッコラ、水菜、からしなetc…
実は、誰よりも「岩本野菜」に飢えていたてとて一味です。
私らが買い占める前に買い占めちゃってー!
出店:10月22日(土)・23日(日)

そしてそして、雫石の「山口農園」さんも!
(子どもたちの学校行事が入ってなかったそうで…ヨカター)
今回もきっと、モリモリですよ!

yasai16.jpeg
yasai3.jpg
この時期は…りんごです!皮まで食べられる無農薬!
今回はジョナゴールドが来そうですよ〜。甘酸っぱくておいしいやつ。
ほかにもきっと、大根とか来るんじゃないかな〜。
玄米も来るかな〜〜欲しいな〜〜
出店:10月22日(土)・23日(日)

yasai9.jpg
ということでお野菜は、
「秋の実りまつり」状態!
おひさしぶりの2農園さん同時のお店開き、
どうぞ大きな買い物かご持参でおいでくださいませ!

*************************

こちらもおわすれなく^^

井戸端てとて「森の恵みを活かす」
ただいま、参加者を募集中です!
10月23日(日曜)13:30~15:00




▶▶お申し込みは…
メールは tetote_inoue★yahoo.co.jp(★→@)へ。
送信の際には携帯電話の番号も合わせてお知らせを

電話は 090-4476-3255(井上)です。




織房樹羅々さんのこと2。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
百年の蔵、手仕事のじかん
 ゆいてとて
   ~木の道具 木のコトバ~

10月22日(土曜)・23日(日曜)
10:00~16:00


会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

引き続き、佐藤さんとのお話から。

最初の頃は、山形から糸を分けてもらっていたそうですが、
ご縁があって葛巻町で、蔦雄さんと一緒にシナの木を
利用することになったという佐藤さん。

「山に入って、イチからやるのでは全然違う」といいます。

yuitetote11.jpg
間伐と違ってシナの糸とりは、
木自体を伐採して樹皮を剥いでいきます。
これを、佐藤さんは「木の命をもらっている」といいます。
命をもらうのだからこそ、無駄にはしたくないと。

yuitetote25.jpeg
使うのは地機。
腰でた縦糸をピンと吊って、横糸を杼(ひ)で
強く打ち込んでいきます。
やったことはないけど、絶対、腰にキそう…

yuitetote22.jpeg
もじり織りには「紗」「絽」「羅」という3つの
織り方があるそうです。
いつもは「絽」の織り方で作品を作っている
佐藤さんですが、いろいろな織り方に挑戦しています。
こちらのもじり織りのサンプルは「羅」。
とても縦糸と横糸で織り上げられているとは思えない
複雑な紋様。なんだか、レースみたい。

yuitetote26.jpeg
これまでに織ってこられたさまざまな作品。
織りの違いで、こんなに表情豊かな作品が出来るなんて。

シナの木が伐採できるのは1年でも梅雨時に
限られているそうで、今年も蔦雄さんと山に入って、
制作する分の木をいただいてきたという佐藤さん。
シナの織物に携わってもう20年以上、
それでも、葛巻の森のシナに出会って
ものづくりの意識が変わった
といいます。

どんな風に変わったか…
それは、直接ご本人の口からお聞きいただきたい^^

井戸端てとて「森の恵みを活かす」
ただいま、参加者を募集中です!
10月23日(日曜)13:30〜15:00



今回、写真でご紹介したような
制作に使われるさまざまなモノもご持参いただきます。
実際に手に取りながら佐藤さんのお話に
耳を傾ければ、手仕事への愛着ももっと深まるはず。

佐藤さんの作品は、ほぼ注文制作。
地元岩手県ですら常設で見ることの出来るお店はありません。
ですが今回の展示とお話会では、
貴重な作品をご持参いただけることに!
また、少しですが販売用の作品も用意していただけそうです。


岩手の森の恵みから生み出される布を、
ぜひ見に来て、手に取ってみてください!

▶▶お申し込みは…
メールは tetote_inoue★yahoo.co.jp(★→@)へ。
送信の際には携帯電話の番号も合わせてお知らせを

電話は 090-4476-3255(井上)です。







織房樹羅々さんのこと1。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
百年の蔵、手仕事のじかん
 ゆいてとて
   ~木の道具 木のコトバ~

10月22日(土曜)・23日(日曜)
10:00~16:00


会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

さて、引き続き「ゆいてとて」のご紹介。
今回から、主宰イノウエは企画展について紹介していきます。
長えよ〜〜〜(笑

いつもとは、まったく違う作り手さんが集う
企画展示「木の道具、森の道具」。
県内、そして秋田でものづくりに向き合っている
方々が、2日間だけ「ゆいの蔵」に集います。

そのお一人、織房樹羅々さんは
シナを中心に、植物から糸をとって布を織っています。

yuitetote18.jpeg
これがシナの糸。
ちなみにシナ布は、沖縄の芭蕉布と静岡の葛布とともに
日本三大古代織に数えられているそう。

主な生産地(って言い方でいいのかな)は
山形県や新潟県の羽後地方ですが、
シナの木自体は岩手県など北東北に自生していますから
手工芸として受け継がれていたりします。

このへんで、シナを使った手工芸といえば
ケラがあります。
ケラ。若い人は、知らないかなあ…
いや、私も、羽織ったことはないんですけど^_^;
こういうものです。

織房樹羅々の佐藤徳香さんは、
そもそもは羊毛での染織を手がけていたそうですが、
30年ほど前に、盛岡でこのケラを間近に見る機会があり
「これを糸にして織ってみたい」と、本場の山形へも
出向き、植物素材の織りに取り組むようになりました。

yuitetote20.jpeg
これが、糸にする前のシナの木の内側の皮。
手で繊維に沿って細く裂いていきます。

yuitetote19.jpeg
裂いた皮はこんな風に小さな束にして、
次の行程に使われます。
ひととおりお伺いしましたが
いや〜〜〜〜…手間が、ものすごいです。
本当に地道な仕事を重ねて、糸は完成するのです。

yuitetote27.jpeg
これは、作品の一部。
佐藤さんの織りは「もじり織り」といって
経糸が左右に交差して独特の紋様を生み出します。
(このへん、突っ込まないでね↑)
ちなみに、織りのパターンはコチラでご確認を。

yuitetote10.jpg
さらに、佐藤さんがこだわるのが原材料の調達。
なんと自らが山に分け入って、シナの木の
皮を剥ぐというのですから…。
その作業をともに行っているのが、そうです、
安孫自然塾の外久保蔦雄さんなのです!

ね、おふたりが繋がったでしょ〜〜〜〜^^

次回のエントリでは、
葛巻の山での素材取りや制作に対する思いなど
聞いてきた範囲でお知らせしますね^^

でもね、一番は…
ご本人からお話を聞くことかと!

井戸端てとて「森の恵みを活かす」
ただいま、参加者を募集中です!
10月23日(日曜)13:30〜15:00





山の達人、蔦雄さんのこと。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
百年の蔵、手仕事のじかん
 ゆいてとて
   ~木の道具 木のコトバ~

10月22日(土曜)・23日(日曜)
10:00~16:00


会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

岩手山に雪が降りましたねえ。。。。。
来ますね。ヤツ。冬将軍。足音が遠く、聞こえてきます。
稲刈りもまだまだ、紅葉もちょぼちょぼだというのに
今年は季節のめぐりがえらく早い。春も、夏も、そうでした。
置いてかれないように、頑張らないと。

ということで、
「ゆいてとて」に向けて、動いております。
ご協力いただく作り手さんの工房にお邪魔して、
作品のことや、ものづくりの思いを伺ってきています。

自分で言うのもナンですが、
今回の展示、見ておいた方がいいと思う(笑
そういうクオリティのものが、集まります。

そんなメンバーのおひとりが、
葛巻町で安孫自然塾を主宰する外久保蔦雄さん。
一緒に山に入っている、風蔵の下天广地歩さんから
メッセージが届きましたので、ご紹介いたします。

-----

外久保蔦雄さんは山を育てる林業家歴40年以上。
蔦雄さんの自然素材を使ったクラフトの原点は
山仕事で捨てられる素材(間伐材や木に絡まるツルなど)を
どうにか活かせないものだろうか、と思ったのがきっかけです。
その姿勢は今も変わりません。
モノを作るために木を切るのではなく、
山の手入れをして出てきた素材を活用する。
それが蔦雄さんのポリシーです。

 
yuitetote12.jpg
スギ林の間伐や

yuitetote13.jpg
冬に雪の重みで倒れかかった杉を倒して山の手入れをする
 
yuitetote14.jpg
その時に倒された木から、使える部分を採取しています。

yuitetote15.jpg
木を伐り、樹皮をむき、ひごにしてから、外側の鬼皮をはずして、材料を作ります。

yuitetote16.jpg
今回ママゴト会でつくる小物入れは、難易度的には初級編ですが、
基礎を学び、情熱を持って作り続けると、こんなのや↑


yuitetote17.jpg
こんな風に発展します。

-----

森林面積が県土の8割以上を占めるという岩手県。
山の恵みは今もあらゆる形で私たちの暮らしの中にあります。
恵みというと「木」のことに目がいきますけど
その木を生かす「人の知恵」があってこそ
木は「恵み」となって私たちの元に届けられるのだと思う。

蔦雄さんは、その「知恵」を
40年以上かけてたくさん蓄えてきた方です。
ワークショップでもきっと、そんな蔦雄さんの
豊かな発想に触れられると思います。

たくさんの方のご参加を、
お待ちしています!

▶▶お申し込みは…
メールは tetote_inoue★yahoo.co.jp(★→@)へ。
送信の際には携帯電話の番号も合わせてお知らせを

電話は 090-4476-3255(井上)です。

メールの不具合に付いて。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
百年の蔵、手仕事のじかん
 ゆいてとて
   ~木の道具 木のコトバ~

10月22日(土曜)・23日(日曜)
10:00~16:00


会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

次のエントリを投稿する前に、、、、

最近、当方のメール「tetote_inoue★yahoo.co.jp」の調子が悪いです。
受信はするのですが、こちらから返信をすると
エラーメールとして戻ってきてしまいます。

そこで、申し訳ないのですがブログでご連絡いたします。

佐藤さま、2名でのお申し込み、承っております。
名久井さま、ご予約受け回りました。

メール機能のことがさっぱりわからないのですが、
フリーメール(yahooとかgoogle)はブロックされてしまうことも
聞いたことがあるような(ないような)。

そこで、お手数ですが
メールでお申し込みの際には携帯電話の番号も
合わせてお知らせいただければと思います。
お手数をかけて、すみません。

こんなですが、ママゴト会&井戸端てとての
お申し込みは受付中でございます。

どうぞどうぞ、よろしくお願いいたします!!



 | ホーム | 

Calendar

« | 2016-10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

Appendix

ateliertetote

ateliertetote

てとて。それは
人と人とを結びつける場。Hands meets Hands.
手から生まれる道具たち。Hands meets Crafts.
そんな人と道具が出会う場所にはきっと、おいしいお茶もある。Hands meets Teas.
築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。