アトリエてとてのブログ

「てとて」は手と手をつなぐ場所。築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。  次回は今年で3回目のイベント「「森のそば。」7月9日(日)、西和賀町沢内で開催です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民藝に魅せられた人々。


…って、ワタクシのことではございません。
現在、盛岡市先人記念館で開催中の第48回企画展です。

先日行って参りましたが…断言。
手仕事好きのひとは、見ておいた方がいい。絶対。

民藝とひとくちに言っても、その間口は果てしなく広い。
ものからの視点、ひとからの視点、歴史や社会的な視点などなど
そりゃあもう、どこからとりついていいのか、って感じ。
これを「岩手」「先人」を切り口に紹介しているのが、先人記念館の
「民藝に魅せられた人々―岩手の民藝運動と先人たち―」

入ってまずたまげたのは、その展示品のクオリティ。
器に漆器に染織に書簡etc…、
柳宗悦の「手仕事の日本」に紹介された、岩手の民藝の品々が
ずらっと並んでいて目がくらみそうです。
ああ、あれは以前県博で見て、一目惚れした岩泉の紫根染。
そう、こちらには芹沢銈介の型染や棟方志功の軸など、
柳や民藝にゆかりある人々そして、
あの光原社さん秘蔵の品物(!)も並んでいるのですから。
これほどの品を一堂に見られるなんて、なんて贅沢!

品物だけじゃあありません。
それぞれの由来や、携わった人々に関する記述も、
非常にわかりやすいのはいうまでもなく、かなり詳しい。
どんな人がいて、どんな形で岩手の民藝振興に携わったのかが
時系列で紹介されています。
そういう知識をきちんと入れた上で、その場で品々を見る訳ですから
これほど身になる鑑賞もありません。

senjin.jpg
これが展示解説書。
中とじで中身は非常に、濃い!
こちらが無料なんて、わたしゃあ信じられん!

カルーイ気持ちで見に行って、その内容に圧倒されたワタクシ、
すぐさま学芸員のYさんに取り次いでいただき、
担当したNさんに一方的に感動を伝えて参りました(笑
いや、本当に素晴らしかったのですよ。

展示は12月9日(日)までですが、
11月3日には光原社の及川社長の講演会、そして
11月17日にはホームスパン蟻川工房の蟻川喜久子さんの
実演付き講演会もあるそうです。

入館料はたったの300円。わたしもまた、見に行きまっせ♡

【イノウエ】


コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://ateliertetote.blog.fc2.com/tb.php/193-0aa845e1

 | ホーム | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

Appendix

ateliertetote

ateliertetote

てとて。それは
人と人とを結びつける場。Hands meets Hands.
手から生まれる道具たち。Hands meets Crafts.
そんな人と道具が出会う場所にはきっと、おいしいお茶もある。Hands meets Teas.
築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。