アトリエてとてのブログ

「てとて」は手と手をつなぐ場所。築40年のアパートの一室でささやかな作戦、はじめました。  今年最後の催しは11月23日〜26日の4日間。滝沢市「とちの実」さんでのスウプアソビです!

zakee*さんのキャンドル。


今回、ママゴト会の講師をしていただくのは、
盛岡在住のキャンドル作家のzakee*さん
てとらんごや、にじいろマートなどで活躍していらっしゃいます。

最初に見たのは「和菓子」シリーズ、それも皮の透け感(笑)が
素晴らしくリアルな大福。キャンドルで大福って!
そのインパクトの大きさを、先日、打ち合わせにきてくれた
zakee*さんに伝えたところ、「人とは違うものを作りたいんですよー」と。
聞くと、大学では芸術関係を専攻していたとのことで…納得^_^

zakee3.jpg
和菓子シリーズをはじめ、本物のリンゴやナシを象ったキャンドルなど
zakee*さんの作品にはどれも、「!」な楽しさがあります。
もちろん、火を灯してこそのキャンドルですが、形や色も大事な要素。
そういう自在さも、「ろう」という素材の特性ですから。

この「ろう」という素材、一般的なキャンドルの多くは
パラフィンという、石油から精製したものを使っています。
素材として扱いやすいし、なにより安価。

zakee4.jpg
でもzakee*さんは、大豆油から作ったソイワックスのような、
自然素材を出来るだけ使っていきたいと考えているそうです。
これらは、ソイワックスで作ったキャンドルにデコパージュを施したもの。
ソイワックスは煤が出にくいと言われているそうですが、
「なにより、炎が丸くてきれいなんですよ」とzakee*さんは言います。

…前置きが長くなりました。
そういう、作り手としての思いをお聞きしたうえで、
お願いしたのが、今回の「みつろうのランタンキャンドル」なんです。

zakee6.jpg
自然素材の持つ、温かみや優しさがいっぱいの
みつろうのランタンキャンドル。
幸せのクローバーを1枚貼付けて、
ぜひ来週6月21日の夏至の夜に、火を灯してお楽しみください。

お申し込み、受付中〜。
お子様の参加も大丈夫ですよ〜。


コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://ateliertetote.blog.fc2.com/tb.php/306-901a6648

 | ホーム | 

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

Appendix

ateliertetote

ateliertetote

てとて。それは
人と人とを結びつける場。Hands meets Hands.
手から生まれる道具たち。Hands meets Crafts.
そんな人と道具が出会う場所にはきっと、おいしいお茶もある。Hands meets Teas.
築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。

FC2Ad

まとめ