アトリエてとてのブログ

「てとて」は手と手をつなぐ場所。築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。  次回は今年で3回目のイベント「「森のそば。」7月9日(日)、西和賀町沢内で開催です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織房樹羅々さんのこと2。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
百年の蔵、手仕事のじかん
 ゆいてとて
   ~木の道具 木のコトバ~

10月22日(土曜)・23日(日曜)
10:00~16:00


会場 ゆい工房 ゆいの蔵(滝沢市巣子1162-6)
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

引き続き、佐藤さんとのお話から。

最初の頃は、山形から糸を分けてもらっていたそうですが、
ご縁があって葛巻町で、蔦雄さんと一緒にシナの木を
利用することになったという佐藤さん。

「山に入って、イチからやるのでは全然違う」といいます。

yuitetote11.jpg
間伐と違ってシナの糸とりは、
木自体を伐採して樹皮を剥いでいきます。
これを、佐藤さんは「木の命をもらっている」といいます。
命をもらうのだからこそ、無駄にはしたくないと。

yuitetote25.jpeg
使うのは地機。
腰でた縦糸をピンと吊って、横糸を杼(ひ)で
強く打ち込んでいきます。
やったことはないけど、絶対、腰にキそう…

yuitetote22.jpeg
もじり織りには「紗」「絽」「羅」という3つの
織り方があるそうです。
いつもは「絽」の織り方で作品を作っている
佐藤さんですが、いろいろな織り方に挑戦しています。
こちらのもじり織りのサンプルは「羅」。
とても縦糸と横糸で織り上げられているとは思えない
複雑な紋様。なんだか、レースみたい。

yuitetote26.jpeg
これまでに織ってこられたさまざまな作品。
織りの違いで、こんなに表情豊かな作品が出来るなんて。

シナの木が伐採できるのは1年でも梅雨時に
限られているそうで、今年も蔦雄さんと山に入って、
制作する分の木をいただいてきたという佐藤さん。
シナの織物に携わってもう20年以上、
それでも、葛巻の森のシナに出会って
ものづくりの意識が変わった
といいます。

どんな風に変わったか…
それは、直接ご本人の口からお聞きいただきたい^^

井戸端てとて「森の恵みを活かす」
ただいま、参加者を募集中です!
10月23日(日曜)13:30〜15:00



今回、写真でご紹介したような
制作に使われるさまざまなモノもご持参いただきます。
実際に手に取りながら佐藤さんのお話に
耳を傾ければ、手仕事への愛着ももっと深まるはず。

佐藤さんの作品は、ほぼ注文制作。
地元岩手県ですら常設で見ることの出来るお店はありません。
ですが今回の展示とお話会では、
貴重な作品をご持参いただけることに!
また、少しですが販売用の作品も用意していただけそうです。


岩手の森の恵みから生み出される布を、
ぜひ見に来て、手に取ってみてください!

▶▶お申し込みは…
メールは tetote_inoue★yahoo.co.jp(★→@)へ。
送信の際には携帯電話の番号も合わせてお知らせを

電話は 090-4476-3255(井上)です。







コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://ateliertetote.blog.fc2.com/tb.php/809-63db0842

 | ホーム | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

Appendix

ateliertetote

ateliertetote

てとて。それは
人と人とを結びつける場。Hands meets Hands.
手から生まれる道具たち。Hands meets Crafts.
そんな人と道具が出会う場所にはきっと、おいしいお茶もある。Hands meets Teas.
築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。