アトリエてとてのブログ

「てとて」は手と手をつなぐ場所。築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。  2月26日(日)は盛岡市で「スウプアソビ」を開催。おいしい時間を過ごしに来て下さい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年は「スウプアソビ」から。

あけましておめでとうございます。
旧暦で生きています、イノウエでございます。
そういうことにしておいてください。

気がつくと2月。
昨年の御礼もせぬままに1年の12分の1が過ぎました。
にもかかわらず、こんな私たちの活動を応援してくださっているみなさまに
心から、心の底から感謝をいたします。

ありがとうございます!

そんなみなさまに
またお会いしたくて、イベントを企画しました。
題して「スウプアソビ」
盛岡のシトロンさんでの開催です。

-----------------

soupasobi001.jpg

てとてのイベント2017 Vol1
スウプアソビ

日時 2月26日(日曜)12:00〜16:00※ランチは15:00まで
会場 カフェ・焼き菓子 シトロン(盛岡市北飯岡2-10-48)
ランチ料金 1700円(スープ、パン、お菓子、ミニレシピブックつき)
お申し込み方法 
★ランチは事前予約のお客様を優先させていただきます(限定30食※予定)
★「赤のスープ(鶏肉)」「白のスープ(魚)」から一品お選びください
★12:00〜15:00のランチタイム内でのご提供です

てとてオリジナルスープカップでいただく
くいしんぼうのためのランチの会「スウプアソビ」。
「まかない ちえさん」こと
フードコーディネーターのタチバナチエコさんに
お肉とお魚をそれぞれベースを使った
2つの具沢山スープを考案してもらいました。

スープストックや特別な材料を用意しなくても
かんたんに、そして美味しいスープが出来ることを
見て味わっていただけるひとときです。
デザートはもちろん、シトロンさんのおいしいお菓子。
また、今回の2種類のスープのレシピといっしょに
自宅でのスープ作りのポイントを解説した
ミニブックレット「スウプアソビ」をプレゼント。

店内ではミニマルシェも開催。
シトロンさんの焼き菓子と
岩本農園さんのおいしい冬野菜、
スープカップほか生活道具の販売もあります。
こちらは、予約なしでもだいじょうぶ。

まだまだ寒い日が続く2月の週末。
おいしくて体にもうれしい具沢山スープランチで
お腹もこころもほっこり温まる時間をお過ごしくださいね。

お問い合わせ&ランチ申し込み
てとて 090-4476-3255
tetote_inoue★yahoo.co.jp(★→@)



BaanGajaてとて展終わりました

二日間のてとて展、楽しく終了いたしました。
お越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました。


一関のHirasawa F Marketさん
岩本の志たあめやさん
みんな大好き岩本農園さん

おいしいものに囲まれて幸せでした。
ふふふ(反芻)。


おっと、おいしいものだけじゃなかった。
「風蔵」しもてんまさんに教わるヒンメリワークショップも楽しそうでした。
終わった後のニッコニコの顔で、その楽しさが伝わってきました。
好みのタッセルをつけたヒンメリ、みんなキレイに仕上がっていましたよー。
今頃お家に飾ってニンマリしてるんだろうな。


お客様の幸せそうな顔を見ていると、なんだかこちらまで元気になってきますね。
人の幸せ健康法でも開発しようかな、という勢いです。本当に。



来ていただいたお客様、ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

BaanGajaの皆さんもお世話になりました!

20161127211529e01.jpg


201611272116182ac.jpg





あったか小物、ブランニュー!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
手仕事の日用道具と食を味わう
 てとて展 @BaanGaja

11月26日(土曜)・27日(日曜)
11:00~17:00


会場:自然素材の衣料と雑貨 バーンガジャ(花巻市上町2-3)
ワークショップ等お問い合わせ: 0198-24-3411
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


いや〜〜〜、前日になってしまった。。。
現在、納品途中のクルマの中です(瀑
まだまだ、花巻にお持ちする新作ありますよ。

冬にウレシイぬくもりの小物。
第2弾は、盛岡市の「mää-mää homespun」さんです!
糸紡ぎの木村加容子さんと、織り手の木村つぐみさん、W木村コンビで
ホームスパンの伝統をしっかりと受け継ぎながら
北欧エッセンスを感じさせるモノづくりをするユニット。
鮮やかな色合い、そして独特の織り紋様。
一度見ると忘れられません。

homespan1.jpeg
たとえば、こんなポーチ。裏を返すと…

homespan2.jpeg
ほら、まったく違う表情に。
織りのバリエーション違いで
どこにもない1点ものが完成しています。

homespan5.jpeg
mää-määさんのものづくりは羊毛の選択から染色、
糸紡ぎまで完全手作業。
それだけに糸1本にも愛情を注ぎ、無駄にしません。
ポーチを作る際に出る残り布を使って作られた
お花のコサージュ。

homespan6.jpeg
すべて、花びらの色が違います。
冬のアウターの胸元にぴったりです。

homespan3.jpeg

そしてそして、憧れのホームスパンマフラーも!

homespan4.jpeg
ふわりと軽く、あたたかいホームスパンのマフラー。
mää-määさんの1本は「柔らかさ」にこだわっています。
メリノよりもちょっと張りのあるポロワースという
糸で織り上げたもの、コリデールとシェットランドを組み合わせ
毛の風合いを活かしたものなどなど、
1本1本、テイストを変えて織り上げられているのです。

今回、並ぶものはすべてが1点もの。
ホームスパンの柔らかさ、心地よさ…
ぜひ、手に取って確かめてみてくださいね!



あったか小物、盛岡ツイードも。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
手仕事の日用道具と食を味わう
 てとて展 @BaanGaja

11月26日(土曜)・27日(日曜)
11:00~17:00


会場:自然素材の衣料と雑貨 バーンガジャ(花巻市上町2-3)
ワークショップ等お問い合わせ: 0198-24-3411
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


金曜日の雪マークは消えたけれど、
日曜日の雨マークに目がテンのイノウエです。最高気温13度?!
…ま、寒いよりはあったかいほうがいいか。

tweed16.jpg

見ただけで、あったかい気持ちになるもの。
盛岡ツイードも、そんなアイテムのひとつです。
てとてでもご紹介し始めて4シーズン目(くらい)。
毎年、人気のアイテムです。

シーズンを追うごとに人気は高まるばかりで、
今年は春からひっぱりだこ。
11月の、松屋銀座の催事でも好評だったようです。

作り手の祐子さんも、大忙し…^_^;

tweed20.jpeg
数はそんなにございませんが、
ティーマットにはちょっと変わり種の
「千鳥格子」バージョンなども。
ヘリンボーンとはひと味違ったかわいらしさです。

tweed1.jpg
tweed2.jpg

鍋つかみに鍋敷きに、
どんどん使えるティーマット。

tweed5.jpg
ティータイムをほっこり包むコースター。

hanamaki73.jpeg
個人的にですが、盛岡ツイードのティーマットと
てとてのスープカップの組み合わせは
なんかね、もう、幸せな食卓って感じなんすよ!
余裕のない朝、寒くて起きたくない朝も
「おはよう、スープできてるよ♡」ってコレで出されたら…

起きるでしょ。

寝た子も起こす(?)最強コンビ。
ぜひ手に取って、お気に入りを探してくださいませ。


そりゃあ忙しい訳だ、小久慈焼さん。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
手仕事の日用道具と食を味わう
 てとて展 @BaanGaja

11月26日(土曜)・27日(日曜)
11:00~17:00


会場:自然素材の衣料と雑貨 バーンガジャ(花巻市上町2-3)
ワークショップ等お問い合わせ: 0198-24-3411
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


楽しいもの、美味しいものが集まってきました。
今週末に迫った「てとて展@BaanGaja」。
まだまだ、ご紹介したいものがございますよ。

てとて@司荘時代からのおなじみ、小久慈焼さん。
糠白と飴釉の色合い、久慈粘土のざっくり感。
それらをふまえて作られる、シンプルなかたち。
まさに「用の美」といった、ふだん使いのうつわです。

てとてでも、オリジナルスープカップを作っていただきました。

soup61.jpg

容量たっぷり350cc。見た目の大きさにも関わらず
手に取ってみた方はたいてい「軽い!」と驚かれます。
うつわ自体がほどよい厚みですし、太めで持ちやすいハンドル付き。
糠白(ホワイト)と飴釉(ブラウン)の2色展開で
どちらにするか、激しく悩まれる方も…。

soup51.jpeg
白いカップはオールマイティ。
トマトスープなんかも、よく似合いますし
たまごがゆなんかもいいでした。

soup64.jpg
ブラウンカップは、個性的。
でもほら、かぼちゃのスープとの相性は抜群。
具沢山豚汁なんかもおすすめ。

寒くなれば飲みたくなるあったかスープ。
たくさんの具を入れて、ふうふうしながら
いただけば、冬も元気に乗り切れそう。
そんな冬のスープライフを、ぜひお楽しみください。


在庫は、まだ大丈夫ですが
ブラウンが少なくなってきたかな…^_^;

そろそろ追加注文をお願いしなくちゃと思うのですが、
小久慈焼さんは今、絶賛忙しいところなのっす。
それはなぜかというと…

コレ!↓

Found MUJI 企画展「北のもの」
2016年12月27日〜2017年2月16日
 at Found MUJI 青山、有楽町ほか


あの良品計画が、
今年最後の企画展に北東北の手仕事をセレクト。
岩手からは、小久慈焼さんと、安代町の安比塗が参加です。
なんかこの2社のセレクトだけで、うれしくなる。
岩手にはいろいろな手仕事がありますもん。


ということで、今年秋からてんてこ舞いの小久慈焼さん。
そりゃあそうだ、東京青山での販売会なんて
人の数もとんでもないだろうからなあ。

でも…ごり押し得意(♪)のイノウエ、
どさくさにまぎれて(?)お預かりしてきましたっ!

hanamakitetote17.jpg
小久慈焼の定番のひとつ、角皿。
フラットで安定感があり、盛るものを選びません。
カジュアルなカフェ飯にも
ちょっとあらたまった席のお料理にも。
こちらは、Found MUJIの企画展にも並ぶものの
ひとつだそうですよ。

hanamakitetote23.jpeg
ご愛用いただいている方のお宅で。
こんな風に使えたら素敵…

ほかにも、欠品していたリム皿など入っています。
メイドイン・イワテのうつわ、小久慈焼を
どうぞ楽しんでみてくださいね!


«  | ホーム |  »

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


手作り市場あ~てぃすと 手作りSHOP・手作り趣味・手作り・クラフト系ブログの総合情報検索サイト

Appendix

ateliertetote

ateliertetote

てとて。それは
人と人とを結びつける場。Hands meets Hands.
手から生まれる道具たち。Hands meets Crafts.
そんな人と道具が出会う場所にはきっと、おいしいお茶もある。Hands meets Teas.
築40年のアパートの一室で、ささやかな作戦、はじめました。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。